« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年10月

気持ちだけオフ

JBCFエリートツアーも終了し、それ以外のレースに出る予定がないんで実質的にはシーズンオフ!


 今年のE1ランキングが72位。(160点)
 昨年のランキングを確認したら73位(175点)だった。
  (今年は2レース中止となった為、全体的にポイントは少ない)

年齢は重ねてはいるが、なんとか成績は保っているけど...
実感として力は落ちているといったところが本音。
(群馬でのゴール前大失速が、それを物語っている)

昨年のオフは11月になっていきなり膝を痛め、年明けには股関節を痛め、、、で、まともに走れなかったのが大失速の要因かもしれないけど(ーー;)

気をつけなければいけないのは、オフの間の負荷のかけ方。
ポンコツな身体をいたわってやるのも必要だが、あまり休ませ過ぎると元に戻すのが大変になってくる。
以前は、年内はのんびり走って、年明けから徐々に負荷をかけていく!といった方法をとっていたが、最近はこれではいけない(肉体的に)と考える。
比較的体力があるうちは、そのやり方でよかった。
今は(特に今年)シーズン中もたいして追い込んでいない(故障がちで追い込めなかった)のに、オフになってのんびりもなかろう?   という感じ?


一番大切なのは精神的オフ!
レースに向けて追い込んでいったり、調子が悪くてもしれなりにコンディショニングしなければならないし、けっこう気を使ったりして精神的にしんどいんよね~

もうレースがない!と思っただけでも気が楽(^^)
練習できなくても、反対に足が張っていてもあまり気にすることは無い!
これがいいんよ♪



ということで、気持ちだけオフ!
平日のメニューは特に変えない(シーズン中と)
ただ、かける負荷は微妙に(かなり?)下がるけど・・・


みんなと走ると、かなりいっぱいまで頑張らざるを得ない。
昨日も奥吉備の試走に行ったが、「ゆっくりね!」といっても、本当にゆっくりは走ってくれない。(みんなはそれなりのペースなんだろうけど)
ワシはかなり頑張らないと付いて行けんかった(一度切れたりして >_<)
でも、こういうのはあってもいいと思う。
それ以外の日をゆっくり走って調整する。


それと、オフの練習で必要なのは、苦手分野、もしくは得意分野の強化!
経験的に、苦手分野を強化しようとしても時間対効果が悪いので、得意分野をさらに伸ばすほうが効率がいい。
また、苦手ではないけれど今の力ではレースで通用しないという部分。
こういうところを強化していくのが本来のオフの目的よな!


言うのは簡単だし、頭でもわかっている。
ただ、実行できるか?といったらなかなか上手い事いかない。
去年は故障続きでまったく出来なかったし、過去にもまともに強化できたことはない。
欲張らずに、強化ポイントを絞ってみるかな?
頑張りすぎたらすぐ故障するポンコツに、最新の注意を払いながらオフを過ごしていくしかない!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大切な気持ち

雨の日曜

宗谷山MTB大会のスタッフとして会場へ。

昨日の天気予報では午後には上がるってのを期待して!


タープテントの中でぼつぼつやって来る参加者の受付。
じっとしていたら寒い(ーー;)

隣県でもオフロードの大会が行われている影響もあってか、参加者は少ない。
午前中のMTBスクール参加者は10名程度。
雨はまったく止みそうにもない(>_<)
半分は小学生で、風邪を引いても大変だし、スタッフも大変だし・・・
「どうする?参加者に聞いて、乗り気でなかったら中止にしようか?」
スタッフも面倒なんで、勝手にいらん気をまわしていたが...

やってきた子供たちはヤル気満々!!
各々合羽を着て準備万端!

みんないきいきと楽しそうに自転車を走らせている。

いらん心配をしたことがアホらしくなったがな!

子供たちが楽しそうにしているんで、大人の受講者も雨の中笑顔で走る。


大切なのはこういうことなんだろうな(^^)
雨に濡れて気持ちが悪い!
泥だらけになる!
寒い!

こんな気持ちの欠片、一切無し。
ただ自分のやりたいことを全うすることだけ考えて(思って)いるみたい。


大人になると、その後のこと...本来の目的(自転車を楽しみたい♪)以外のことが頭をよぎる。
帰って片付けが大変。
風邪引いて体調を崩し、仕事に影響が出たら大変。
その前に、自分の体調が悪かったら言い訳する。
自分もそんな考えになってしまうことがある。
今日の子供たちを見て、あらためて純粋に自転車(ほかの趣味でもいい)に向き合いたいと思った。



午後からの耐久レース。
ワシの仕事はローリングスタートの先導と、最終コースクリア確認。
本日走ったのはコース1周と少々。
たったこれだけでも泥だらけ(ーー;)
走ったのは少しでも、汚れるのは同じ。
後片付けも同じだけ手間がかかる。
あぁ~ やっぱり面倒じゃわ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近 思うこと

最近耳にすることもあるが、自分でもどうかな?と思っていたことがある。

実業団エリートレースについて

「レースに展開がない」 「みんな足をためることだけ考えている」 「この集団はいつ動き出すのかと思ったら、最後のゴール前だけペースが上がった」
要はエリートのレースは面白くない!という噂。


しかしコレは実際に走っている選手からの声(直接聞いた話ではない。聞いた話やコメントなどを読んでの内容ですので悪しからず)
観ている人(たいしていないが)がそう言うんならまだしも...
実は自分自身も、そんな風に思うところもあったのは隠せないが。
実際、自分の力ではそんなレース内容にしかならないが、それって意味(価値)があるの?
「完走しました。」 「複数ポイント取りました。」・・・重要なことなの?
最近そんなふうに思うようになっていた。


反面、今更いきがっても?上を目指している若い選手でもないし?と考える向きもある。

長年続けていると、いらんことを考えるようになって困るわ~

チョッと小耳に挟んだ内容を、自分自身で増幅させてモヤモヤさせていただけのことか?



美浜クリテを走って思ったことと、以前の記憶を冷静に思い出してはっきりした!


エリートのレースに価値がないことはない!
美浜クリテは、先頭では常にアタックがかかっていた。
ホームストレートでまったりしていた周回は意外と少ない。
裏のストレートでは、上り返しの先に何人か逃げている光景がほとんどだった。
ただそれが決まらないだけ!

集団の後方にいる選手には前方の展開はわからないだろうし、先頭が加速しても集団が伸びるだけで、後方に伝わるまでに加速感はなくなっているだろう。
逃げが決まらないのは、チームプレー出来るチームがほとんど無いことと、集団で最後まで行きたいと思っている選手がほとんどだということ。

積極的に前へ前へという選手は必ずいるが、集団内で最後まで走ってスプリントは危ないから遠慮するという選手もいないわけではない。
こういった選手と同じように走っていると、まったく展開のない面白みの無いレース(に感じる)ということになる。
また、これを続けていると「逃げは決まらないから、最後まで集団で走ってゴール前だけ上に上がればいい」という考えになって、ますます面白みの無いレースということになる。

でも、これを否定しているわけではない。
BR2からE1に変更になったとき、旧BR1選手が大量にE1に入ってきて、レースはかなりキツくなったのを覚えている。
こうなったら、ワシのように元々BR2の選手はついていくのが精一杯。
前で展開という以前の問題。
慣れてきた今でも逃げに乗れるほどの力はない。

同じE1でも力の差はかなりある。
P1では力のある選手が大部分で、キツイ選手は一握り。
E1では力のある選手が一握りだということ。
これでP1と同じ展開を望むのは無理じゃろ?
みんなそれなりに一生懸命走ってるんだから!
力は劣っても、走るからには少しでもいい順位でゴールしたいと思うのはみんな一緒!
ゴール前だけ頑張るな!っていっても仕方ないこと。
それが精一杯なんだから。

面白みがないといっても、みんなが精一杯のなかで結果を出すのはそれなりに価値があることじゃないか?
なんか悟りを開いたような・・・(^^)

それと、上りのキツいレース。
修善寺などは圧倒的に地足勝負!
これはこれで、ワシらにとってはどこまで付いて走れるか?だけでも意味があるレースと考えている。(広島でも同じ)
こういうコースを少しでも集団について走れるように!
集団で走れるレースは少しでも上位に食い込めるように!


結局今までと同じ♪
来シーズンも同じように頑張るのみ(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーズン終了!美浜クリテ

今シーズン最後の美浜クリテ!

(最終戦の輪島は上りがキツイから行かない)

シーズン後半、結果を残せていないんで、最後はキッチリ!といきたいところ。
調子も上がってきているし、クリテは比較的得意なんで、なんとかシングルで締めたい!


土曜日の試走。
コースに出ると北風がメッチャ強い(>_<)
ホームストレートがモロ向かい風!
おまけにゴールラインが300mくらい伸びている(第一コーナーをまっすぐ突き抜けたところ(ーー;)
軽量のワシには不利な条件が重なっとるがな!


ドメに引っ張りまわされた試走を終えて、受付、監督会議。
暗くなってから宿に入る。
民宿「新栄館」はヒゲの主人が胸を張るだけあって、魚と海老づくし。
民宿定番のトンカツ、天ぷら類はは一切なし!
これは新鮮でよかった(^^)

さて、レースのほうは....
天気には恵まれたが、予想どうり風が強い。
E3、E2とレースは続き、チームメンバーはトラブルなく無事完走!
カジタニくんは10位と健闘♪
E1はワシとハリーさんが出場。


ローリングスタートだが、上りに入るとすぐ先導バイクが加速するんでいきなりハイペース!
序盤から集団前方で様子を見る。
2周に1回スプリントポイントがあり、昨年は2回くらい狙いにいったが今年は強風のため弱気になり、最初から諦めていた。
足はそれなりに軽かったが...

スプリント周回があるないにかかわらず、ホームストレートでは常にアタックがかかっていて、そのたび2/3周くらいの小さな逃げが発生していた。
(次のホームストレートでほとんど捕まり、新しい逃げが発生!の繰り返し)
中盤の逃げで6人くらい先行し、集団の前方にいたワシはローテの順番が回ったとき、一気に追いついてやろう!と加速したら、集団はついてこなかったんで色気が出て単独で追いつくことを選択。
しかし向かい風が強く簡単に追いつかない(X_X)
やっと追いついて後ろを見たら、集団もけっこうな勢いで追い上げてきていて勢いの落ちた逃げはあっさり捕まったがな・・・足使っただけじゃが

中盤過ぎてハリーさんがワシの位置まで上がってきた。
チームメイトが傍を走っているのは心強いしやる気も出る!


その後も小集団の逃げが続き、また自分ローテが回ってきて逃げを追うはめになったが、
今回は少し差をつめたところで、先頭交代!
それでもチョッとキツかったがな(ーー;)


後半、周回数がわからなくなってハリーさんに確認。「10周目ですよ!」
残り2周半か?もうポジションを落とすわけにはいかないな。
それまでもほぼ同じ位置を走っていたが、ゴールが近づくにつれて集団は殺気立ち、気を抜いたらポジションを落としかねないんで集中する。
ハリーさんも同じ考えだろう、すぐ傍を走っている。

残り1周を迎える前のホームストレートからペースが上がる!
かなり集団が伸びた状態で上りに入る。
ポジションキープは余裕。
ただ、ホームストレートでの掛け合いにどう対応するかが勝負。

最終コーナーも前方でクリア。
ここから2km弱。
集団といえども一気にはいけない距離。
風が微妙に右にシフトしているので左端のライン。
後ろから上がってくる右側のラインに注意しながら、加速!
残り1kmくらいで先頭からダッシュが始まった。
何人か抜け出てその後前が開き、向かい風を受ける状況。
チョッと加速したが「この距離は無理!」
弱気が炸裂(>_<)
集団内に収まってしまった。

後で考えると、この時点でレースは終了。
何のためにそれまで、いいポジションを確保しながら走っていたのか?
少しでも無駄足を使わないように!最後に残った力を爆発させるために!
そのはずなのに、弱気が勝り強い気持ちが吹っ飛んだ。


自分で、ここからなら大丈夫♪と思う距離はみんな同じなんで、そこから頑張ろうっていっても前は開かないし、失敗!っと思ってもあとの祭り・・・ということ。


隣にいたハリーさんも同じ状況。
右に行ったハリーさんと逆に、左端を一か八か抜け出した。
コースアウトしそうなギリギリを行くんで、思うようにもがけない。
計測のアンテナにぶつかりそうなギリギリでゴール。
何人か抜くことは出来たが、20位は厳しいか?といった感じだった。

リザルトを見ると「22位」
弱気な自分には、こんなもんで十分かぁ?
...シングルどころか、複数ポイントも取れんかったがな~

自分が悪いんだけど、不完全燃焼でシーズンが終わってしまった。
弱気癖がつかないようにしないとね~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

みんな頑張ってるのにね~

レース前の練習(頑張る分)は昨日で終わり。


あとは回復と調整で日曜日を迎えるわけだが、この頑張った次の日のんびり走るのがなんとも癒される。
レースの次の日なんかもそうだが、ワシの場合のんびり走る割合が年間通じて8割くらい占めてるんじゃないか?


しかしよく考えると、頑張る日といっても内容は人に話せるほどでもない。
2時間のうち、頑張っている時間は20分ほどか?
レース前は心肺を追い込んでいき、ベースアップ期は筋力的に負荷をかけるといった具合に使い分けてはいるが、時間的には同じようなもの。

これは月~金の話でシーズン中は週2回くらい頑張ってみる。
オフの間は週1回が関の山か?
週末のチーム練や周回練などがあると、また別に頑張るけどね。


考えるに、レースを走るための必要最小限がこんなレベルかと?
これではまったく通用しないコースもあるけど、しゃーないか?ってスタンス。


10年以上前はこれでも一般のホビーレーサーと比べると頑張っているほうだったな(^^)
ところが最近は、各地の練習会が盛り上がっていて、登録選手のワシよりよっぽど頑張って追い込んでいる一般選手のなんと多いことか?

タイムトライアルなんかすると、絶対負けるな~
もっと頑張りゃええがな!ってなるわけだけど・・・10年以上続いているぬるま湯スタイル(以前はぬるま湯のつもりじゃなかった)はなかなか破れない。


こんなレベルでも頑張ろうと思う日は憂鬱なのにね~
しかしコレだけは言える!
長続きできているのはこのレベルだから!
実業団選手として14年が過ぎようとしている。
これでも、成績を維持しながら楽しくやってこられたのもこのレベルだから!

個人的にはマンネリをぬぐえないが、チームとしては強くなる(成績を出す)選手がいっぱいいて、楽しみはある♪


・・・何を書きたいのはよくわからなくなったが、いっぱい・しっかり練習している人が多いのにレースに出る人が少ないのはもったいないなということ...
主催者的立場でなくても、そう思う。
ワシでも、出来れば中山やクリテなどは走りたい。(主催者でなければ)
せっかくそういう場を提供されているのに、使わないのはもったいないじゃろ~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーム練

月1回開催予定の公式チーム練習会。

10月は美浜クリテの1週間前ということで、美浜対策牛窓平地周回コース。
あいにく高梁ヒルクライムと重なり、参加者は5名。


もともと自分も地域行事と重なり不参加の予定だったが、土曜日が1日中雨でまったく走ってないんで、朝一の行事をキャンセルしてチーム練の前半だけ参加した。


もともと参加予定が3名ということで、レースライクな走りは難しいだろう。
少人数でのスピード練習はキツイのは予想できるが、1セットだけならなんとかなるだろうと、恐る恐る集合場所へ。


青Mくんは来てなかったので、ナカニシくんとハリーさんの2名!
キツイな~と思っていたら、なかむらくんが来てくれた。
地域の運動会のはずだが「人数が少ないんで、力になろうと・・・前半だけなら大丈夫
!」と、来てくれた。
ありがたい。


8.5kmのコース3周を3セットの予定だったが、ワシのことを考えてくれ最初に4周の高速ローテ+スプリントのメニューにしてくれた♪


4人のローテだが、ハリーさんとなかむらくんがとにかく調子いい!
なかむらくんが積極的にペースを作ってくれ、ハリーさんも楽そうに同調している。


落車の影響が残るナカニシくんの調子が出ないのはわかるが、絶好調でないといけないはずのワシは1周目からアップアップ(>_<)
朝食の納豆が口から出てきそうな勢い(ーー;)
   先日の官能サイクリングでリバース癖がついたのか?
2周目に入る時点で、吐きそうで離脱しようか思案しながらの走行。


なんでこんなにキツイのか?
先週にかけて1日置きにインターバルをしたのが、疲労の原因か?
日頃はそんなに詰めて頑張ることはないので、身体が拒否しとるんかも?
土曜日で回復しているはずなんだけど、身体を動かさなかったのが悪かったのか?

ただ、レース1週間前の時点では調子は最悪ってことが客観的にみてもはっきりしていた。
コレがわかっただけでも収穫としよう~


2周目からはローテに加われなくり、付き位置状態。
4周目、なかがわ君が途中参加して活性化!
開き直って頑張る!
最期のスプリントまで、なんとかついて走ることができた。

1周目がキツかったのは、アップ不足か?
去年から感じていたことだけど、ウォーミングアップに時間がかかり過ぎ!
あらためてレース前に再確認できたのも収穫。


人数が少なくても、チーム練は力が揃っているんでいい練習になる。
こういうメンバーと走れる貴重な時間。
無理して参加してよかったぁ(^^)


*さすがに少人数での高速ローテは、みんなキツかったようで、ワシが帰った後 2セット目はなかったようで、遠回りして流して帰ったらしいで(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習嫌い

体調もよくなり、美浜にむけてしっかり走っておかなければならないんだけど・・・

ウイークデイに1回か2回、高負荷もしくは追い込みを行うけど、日頃はのんびり走ることが多いんで、追い込む日は憂鬱(ーー;)


朝、仕事に行くのがイヤだ!と思ったことはないけれど、自転車を頑張る日は朝から気が重い。
レースは好きだけど、練習は嫌い!
コレで結果を残そうと欲だけはある。
早朝からガンガン練習している人を尊敬するわ(^^)
基本的には夕練。追い込むのは一人で行うんで、余計にしんどい。
しんどい割には、自己満足的は練習なんで、どのくらい強度が上がっているかは??


実際には強度を求めているのではなくて、どれだけ身体に(必要な)刺激が入ったかを重視している。

レースは不確定要素が多く、最高の状態で臨んでも結果が伴わないことや、調子が悪くてもそれなりに結果を残す場合もある。
それを知っているから、つい横着になるのかね~


今日は追い込んでおく日!
日曜がイベントで走れなかったから、月曜も仕事を早くやめて頑張った。
1日おいて今日も頑張る。
今やっているのは、5分ー12分のインターバルで5分の最後に15秒のもがきを入れる。
一人で行うのと、夜なんで大したスピードではないけどね。


月曜は4本。それまでも3~4本だったが、今日は5本!
しかし5本目はキッチリ足にきた(>_<)
開始するまでは、かなり意思の強さが必要だけど、始めたら勢いでなんとかなる♪


練習嫌いは始めるまでが勝負なんよな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »