« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

広島7周

Img_3342
経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ E1クラス
広島中央森林公園7周というのは実業団ではめずらしいが、中国ロードや広島県ロードで走る距離なんで、集団についていけさえすればどうにかなるだろう?    ・・・という考えは甘かった(ーー;)

今回E1は自分一人ということで、サポートにトミちゃんと「晴れ女」chiaraさんに来てもらった。
早めに会場入りできたんで、ホームストレートに車を停めることができた。
隣にはE1で馴染みの「本町クラブ」やまださん。
彼も一人できているんで、サポートを共有することにした。

午前中は真夏を思わせる暑さだったが、午後から雲が出てきて少し楽になる。
補給も1回くらいでいいかな?

着替える時、太腿の傷口から汁があふれていたんで、あわてて手当てし直し。
問題の肋骨の痛みはかなり和らいできた感じ。テーピンしてきた効果か?
それより、なぜか頭痛がしてきた。
こっちのほうが気になって、痛み止めを飲みたいくらい。

ゆっくりウォーミングアップ。
一度自転車から降りてしっかりストレッチ。
少し休んで、今度は本格的にローラーを回す。
15秒X3のスプリントを入れて20分間。いつもどうり♪

着替えてサインに行くと、車検している。
サドルの後退幅と重量。さすがに中華カーボン!7kgだったぞ!

広島車連の人と話をしていたら、トミちゃんが来て「もう並んでますよ~」
しもうた!話に夢中になってたがな!
なんとか3列目くらいからスタートできた。

さすがに最初の下りは20番手以内で様子を見ながら。
しかし決して楽なわけではない。
メーターを見ると金網トンネルで50km/h超!三段坂前の平地で40km/h超!
ワシの調子が悪いんじゃなく、ペースが速いんじゃがな(>_<)
でも、上りはメチャクチャ速くなく無難に1周終了。19分弱か?

ところが2周目になるといきなりペースが上がる。
とにかく下りと平地が速い!まったく休むところが無い(X_X)
そんなペースでも逃げが出ている。4,5人が常に先行している状態。
その中には、午前中のユースで入賞した雨澤選手も入っている。
まったくもって、現在のE1クラスにはとんでもないヤツが多い。

2周目(18分少々)もなんとかクリアしたが、後ろを見るとほとんどいない。集団後方にしがみつくって感じ?
前後にサイクルプラスのカミノ君、グラデパのヤマモト君が走ってる。
近隣のチームの選手が走っていると「負けられない!」と力が入る。
3周、4周と集団の最後尾にへばりついて、かろうじてクリア。
4周で1時間16分!ワシにとっては信じられないペース。

そんなに無理している気はしなかったが、実際にはダメージがかなりあったんだろう。
上りが楽だと思えるくらい、下りと平地で脚を使っていたようだ。
運命の5周目!下りでついていけない。そんな状況を察して、下りでドンドン抜かれ本当の最後尾に...
2つ目の上り返しでとうとう遅れてしまった(泣)
40人くらいの集団がなかなか小さくならず、ここまできたら切れたくないな~と思っていたが、無情にもペースは一度もまったりすることは無かった。

力なく一人で走る。
三段坂、両足のハムストリングが引き攣って、2回くらい止まったがな。
誰も切れてこないし、追いついても来ない。
単独でホームストレートに帰り、補給をもらう。
みんな心配してただろうな~電光掲示板を見るとトップと5分差!
1周で5分遅れたことになる。。。? よく考えたら8分で足切りだから、あと3分しかねえ~

あと1周で3分か?単独では厳しいな~
まるまる1周一人で走ったところで、待望の後続が追いついてきた!
これで完走はいけるか?
その中に同い年のヒノさん(シルベスト)が入っていた。
今日は先行できると思ったのに...というか、この集団から遅れるわけにはいかんがな!
まあ、先頭集団から比べるとかなり楽で、攣っていた脚も大丈夫そう。

足切りまで1分の余裕を残して最終周回へ。
このあたりになると、先頭から千切れた選手も見受けられる。
先頭集団の厳しさが想像できる。
中国ロードや県ロードみたいに、P1クラスがいないかわりに脚の揃った100人が集団で走るんで、明らかにペースはこっちのほうが速い!
なんとか集団について走りたいが、ワシが走るレベルじゃないね~
最後はスプリントといえないスプリントを披露して、遅れ集団中ほどでゴール。48位!(出走106人)
少々不満だが、最低限のノルマ達成。

レース後グラデパのカンダ君と長話してたら、早く帰って来いコールが!

Img_3647
サポートしてくれたトミちゃん、chiaraさん 応援してくれたカイルさん、D241くん  ありがとう。
明日のE2、E3  チーム岡山の活躍に注目!


| | コメント (6) | トラックバック (0)

落ち込み気味だが...

舞洲での落車・・・なんかダメージが大きい。

擦過傷なんかいつものことで、日常がチョッと不自由なくらいでノープロブレム!のはずだったが...
わき腹に擦り傷があるのはわかっていたが、放置可な症状で気にしていなかった。
が、次の日から肋骨がドンドン痛くなり、寝返りは打てん、咳・くしゃみ・あくびしても痛い(>_<)

昨日水曜定番コース(赤坂往復)を走ってみたが、ダンシングで痛みが出る。
捻挫した手首にも負担がかかる。
満が悪いことに、土曜のレース、ドーピングコントロールがあるんで痛み止めが飲めない。

今朝TVでローラが、ホラー映画を観て「キャー 心臓が止まるかと思った!」
その映画、誰に観てもらいたいですか?の質問に
「う~ん おじいちゃんとおばあちゃん!!」
・・・思わず笑うたがな!!!???痛い!笑うと肋骨が痛い!

そういえば、今週は笑うことが無かった。
仕事中も、痛みがあるんで仏頂面。忙しいから余計にイライラ。
腕のキズを見て「またコケたんか?」と言われるだけでうっとうしいから、休憩時間もできるだけ平静を装う。
家に帰れば痛い痛いの連発。
おまけに、擦過傷からは臭い汁があふれ出し、手当てが忙しい。
楽しいことなんかありゃあせん(ーー;)

笑っても痛いんか?
昼にうどんをすするだけで痛みが出る。
そりゃあ笑えんわ!

今日は仕事帰り、誰かいるかな~と果樹園に寄ったら、nerioさんとO鳥くんがちょうど休憩中。
そこでいろいろ話をする(練習するわけではない!)
その後nerioさんとコメリへ移動。
軽く流していたら青Mくんが追いついて来た。
ここでもお喋りしながら走る。
O西くんも合流。
みんなと喋ることによって、なんか気分がほぐれたぞ(^^)

経験上、どう考えても肋骨か軟骨にヒビくらい入ってるだろうけど、広島は普通に走るよ!
師範代なんか肋骨2本折って、鳥海HCで優勝してるしー   言い訳にもならんのはわかってる。
車にはねられて、退院後1週間で沖縄を走ったときの勢いを取り戻したい!

レースが終わったら、力いっぱい痛み止めを飲んでやる~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

舞洲クリテ ’12秋

反省の意味も込めて...振り返ってみるかぁ?

やる気満々で臨ん・・・でれば良かったのかもしれないが、一つのレースに入れ込みすぎるのよくないというか、そういう性分じゃないので、できるだけ平常心を心がけ、次週の広島につながるレースができれば!と考えていた。

春は運よく入賞できたこのレース。そのうえクリテはまったく苦手としてないんで、「平常心」などと考えてたら、気が抜けてしまったのか?

カイルさんのリクエストにより、早朝に出発。
レースは午後(E1は15時)なんで、のんびりくつろぐ。といっても、気温が高く湿った風が吹いていて蒸し暑い(ーー;)
じっとしているだけでも疲れるがな~

午前中のホビーレースで、いきなりミジンコさんが優勝!
E3ではD241君の果敢な走り!
興奮が続く、E3-2組目で、ハリーさんが絵に描いたような展開に持ち込み見事優勝!
こうなりゃ、E2で青Mさんが優勝してもビックリせんぞ!

さすがにE2での入賞はなかったが、カイルさんは見事シングル!

ワシもE1でがんばらにゃあ(^^)v
と、このときは思っていた。
それに、そこそこ体調も良く(めずらしくテーピング無し)、それなりの結果も出ると確信していた。

でも暑いしダレるよな~
気温が高いんで、ウォーミングアップはそれほど必要ないが、いかんせん時間があるんでダラダラといつもどうりのメニューでアップ。

E2-2組目が終わるんで、そろそろ行くか!
「まだFクラス(女性)がありますよ~」ナカニシ君に言われ
「え~まだかぁ~?」のコケが入る。
ますますダレてくる。(時間間違える自分が悪い)

いつもレースで顔を合わす選手たちと談笑しながら待機
ローリングスタートなんでそんなに前に並ぶ必要もないが、リーダーチームのシルベスト軍団に続いてスタート。
今回はナカニシ、アンドーを加えた3人体制
作戦があるわけではないが、ほとんど一人で走ることが多かった今シーズン。周りをチームメイトが走っているのをみると落ち着く。

どうもこれがいけなかったのか?集中して走らなければいけないのに、チームメイトに目が行って集中できてない感じだった。
プレッシャーが集中力を生むこともあるが、今回もチームとして結果はすでに出しているし、ワシはワシで、春のように上手いこと行く訳がない!とギラギラとした闘争心も湧いてこない。

レース自体もペースは遅く、まったく無理することなく周回を重ねるのみ。
一度7人くらいの微妙な先行があったとき、チームから誰も入ってないのはマズイか?と追っかけた。
追いついたときはすでに先頭は崩壊状態。
意思統一されていれば、そのまま加わって進行していただろうけど、崩壊と同時に集団は一つになり、結局無駄足。
今回も逃げは決まらないだろうと、その後のプチ先行には反応しないことにして、集団中央でダラダラ時間の経過を待つのみ!
...時間?そういえばどのくらい経ったんだろう?
まったく電光掲示板を見てなかった。
ぼ~っと走っていたら集団が左右からドンドン上がってくる。
そろそろ終盤か?そんなにいきり立たなくても、いつでも前に出られるじゃろ?

・・・「残り2周」
???
初めてMCも声を聞いたのがコレ!
あわてて周回板を見るとほんとうに「2」が表示されとる!
まったくもってボケていたがな~
運悪く真ん中より後ろのポジション。

出来るだけ慌てないようにポジションを上げていくが、活性化した集団内では簡単にはいかない。
それでも、まだチャンスはある。と、じぶんでは落ち着いていたはずだったが・・・
第4コーナーで斜め前の選手が落車!
普通なら難なくかわせるはずなのに、焦りがあったんだよな~実際は?
思わず車輪を滑らせてしまってズルゴケ(>_<)
後続も1,2台巻き込んしもうたがな(X_X)

こうして秋の舞洲は終わった。
残り2周での集団内落車は最後尾完走扱いの規定どうり完走ポイントは貰ったけどね。
自分の不注意。集中力を欠いた走りで申し訳なかった。

来年からはE1メンバーも増える(青M、ハリー、カイル?)。
集中した走りで、チームとしてアピールできればいいな(^^)

その前に土曜の広島!
単騎参戦なんで、プレッシャーを楽しみたい♪


| | コメント (4) | トラックバック (1)

舞洲対策練

Img_4217

秋のレースシーズン第一段 舞洲クリテが来週に迫った。
8月後半から徐々にコンディションを上げて行こうとしたが、先週つまづき・・・
疲れが取れん(ーー;)
加えて先々週痛めた古傷のハムストリングが痛み出だしたがな~(>_<)

今週は玉島で舞洲対策練ということだが、午後から仕事関係の検定があり前半だけでも!と早退予定で参加。
いくら半分しか参加しないといっても、そこはしっかり成果を出しておきたいから土曜日は休養に当てた。
・・・もともと雨予報じゃったしー

で、せっせと植木の剪定をしてたんだけど、雨どころかドンドン天気はよくなり気温も上昇!
汗びっしょりになりながら、鋏を持つ手をパンパンにしながら、なんとか刈り込み終えた。
自転車より疲れたがな!と、やっぱり昼寝(^^)
夕方になって、我慢できずにコメリ周回に行ったが、脚は重かった。

さて、玉島人工島では...
今回はカイルさんにメニューを任せたが、レースライクな厳しいメニューを提案してくれた。
2.5km周回コースで30分+1周、25分+1周、20分+1周、15分+1周・・・

舞洲ではE-1は32分+2周だったか? 
対策練としてはちょうどいい!

30分ウォーミングアップ!といっても35km/h
微妙にキツイ
30分経過!いよいよ30分+1周の本番。
一気にペースは45km/hまで上がり本気モード。
コーナーの立ち上がり、向かい風区間などかなり脚を使うんで慣れてない人は力があっても厳しい!
ワシはこういうの得意なんだが、いきなりのペースアップにアップアップ。
最初の10分は、ぼっけぇキツかった(泣)

1セット目なんで、みんな元気!
ペースが落ちるどころか、青Mくんなんか逃げとるしー
ミジンコさんの鬼引きでなんとか吸収も、ますますペースは上がり、遅れる人も出ている。

ショートカットしたものに「加速!加速!」と声をかけたら、カイルさん間違って先頭で加速しとるしー
残り2周!もういっぱいいっぱい(X_X)
なんとかスプリントまで・・・全然伸びんがな~

2セット目、コレを最後に早退予定なんで力いっぱい!
といっても、最初から力いっぱいだったんですけど...
さすがに10分のインターバルはキツイ。
みんなキツイんだろう。序盤ペースは遅い。
遅いとは思ってるんだけど楽なわけではない。

半分過ぎて、なかむらくんのダッシュをきっかけに活性化!
こうなればついていくだけより、積極的にペースアップしていったほうが自分のペースに持ち込める(先手)から、結果的に自分より周りに脚を使わせて楽をする作戦。
青M、なかむらの逃げをつかまえ、そのまま先頭まで出てペースを落させないようにコントロール。

自分で自分の首を絞めながら最終スプリントへ。
・・・まったく脚が残ってなかった。。。
本番では、もっと余裕を持って最終局面を迎えたいもんだね(そんな上手いこといくか?)

2セットで早退だったが、ワシの練習としてはコレで十分じゃがな。
あとは疲れを残さないこと。
ハムストリングをケアすることだな!

最後まで頑張ったみなさん、お疲れ様でした(^^)

Img_6773


| | コメント (2) | トラックバック (0)

9/2練習会

今週もチーム練。
牛窓平地周回コース(8.5km)4周X2

舞洲と広島を控え、練習内容は二部構成。
テーマはインターバル対応。
前半4周回は2ヵ所のスプリントポイントでペースを上げ(モガき切るんじゃなくて、個人的にダッシュ)、スピードの変化に対応。
それ以外にも小さい丘があり、常にインターバルがかかるイメージ。

1周流してスプリントポイントの確認をする。
その流すペースも速かった(ーー;)
チーム員10人に加え、スペシャルゲストのナガラくん(マトリックス)。最近上りも走れるスピードマンのミジンコ、若さ溢れるギンジと、お目付け役の師範代!
そりゃあペース上がるよなぁ~

最初の2周はまだ元気でSPで頑張ってダッシュするが、そこ以外のペースが異常に速い(自分比)
14人いるんで常に2列のローテーションで回し、できるだけ隊列を短くして走る。
長いこと引くことはないんだけど、3周目...青Mさんの後についてしまい、ペースが速くて先頭に出られない(泣)
微妙な上りでもあったので延々と並走。力を使い果たしてしまう(X_X)
ひとたまりもなく、そのまま千切れてしもうたがな~
信号でなんとか追いついて、次のSPで無謀にもダッシュ!
4周目にまた先頭交代で千切れてしまう・・・   バカじゃろう?人には「考えて走れ!」というくせに、自爆しようたら世話ないわ。

前半終わって小休止。
いくら平地基調のコースとはいえ、明らかに実力差が出てきている。
後半は2組に分けてスタート。
もちろん千切れ組みもワシは2組目。
1ヶ所裏の上り切ったところをスプリントポイントにしてモガき、スタート/ゴール地点の上りもぺースアップして高負荷に耐えながらの4周回。

千切れ組は平地のペースが遅いので少し休めるが、両側の上りでかなり足を使うのでしまいには余裕が無くなる。
最終回には今やピスト選手のアンドーさんがその実力を発揮!裏とゴールを明らかに違うスピードで追い越して行ったぞ!
先発隊は修羅場のごとくサバイバルになったようだが、参加してないのでよくわからんが、青Mさんはいつもどうりグロスパワーを発揮!今回はハリーさんの好調さが目立っていたようだ。
参加したかったけど、今の力じゃあ仕方ないか?
今回ワシ以外、最後まで残ることを考えて走ってくれたようで、チーム練習の目的、意義は達成されていたと思う。重要なのはレースに直結できる思考と体験よ!

最近可愛げのないミジンコさんも力を発揮したようで、ホビーレーサーにしておくのはもったいないがな?
それとナガラ君が来てくれたから、練習会のレベルが高かった。
姫路からの自走参加で大変だったろうが、いつもチーム岡山を気にかけてもらっていてありがたい。

来週は玉島人工島(完全平地)で行います。
ワシはQC検定のため参加は微妙だが、参加者募集中です!

Img_5579


| | コメント (4) | トラックバック (5)

いやぁ~ ブログがさっぱり更新できんようになった(ーー;)
チョコチョコFBに書き込みするようになったし、iPhone使うようになって、落ち着いてパソコン前に座らなくなったわ。

暑かった8月も終わり、今日から9月!
少しは涼しくなったような気が...
暑い7、8月に雨がほとんど降らなかったため、自転車の走行距離だけは伸びたがな(^^)
7月に1日車通勤しただけで、8月は車自体ほとんど乗らなかった。
8月の最低走行日で14km、最高走行は275km
それ以外はコンスタントに50~100kmたらたらと走っただけで、特に距離を伸ばそうとしたわけではない。
そかし毎日の積み重ねは確かなもんで、7月2100km、8月2200kmを越えていた。
まあ、月間3000km以上走ってるMな人もいるようだが・・・

9月からまたレース参戦が始まる。
9月の舞洲クリテ、広島経産旗杯  10月の美浜クリテ(連れがいたら)、高知マスターズでシーズン終了。
   おきなわは一身上の都合で行きません

ペースを上げたいところだが、夏の疲れ回復具合と相談しながらボツボツとね~

先週土曜プッチに参加しなかった(疲れていたため)ため、akaさんから「つべこべ言わずに参加すること!」のコメントが・・・
こりゃあ参加せんわけにはいかんわな~
日曜日のチーム練に影響が出るな~
雨降らんかな~
など思いながら、一応4時に起きてみる。

しかたない。テーピングで保護していってみるか?
先週四頭筋にテープを貼ってチーム練に参加したのが、そのまま貼りっぱなし!
そこで古傷のハムストリングを痛めて、テーピング。
今週は外足広筋に疲れが溜まりこんでるみたいで、急遽テーピング!
テーピングだらけになったがな(泣)

満を持して早朝出発。それでも不安で「雨、降らんかな~」と思いながら走ってたら・・・
本当に降ってきたがな!
西大寺近辺は結構降っていて、「こりゃあ中止かな?」的な感じだが、濡れてしまったのでそのまま走る。
東岡山あたりで雨は止んだ。
・・・ガンバレ!ということか?

結局合流できたのはなかにしくんだけで、2人でコースを周る。
とりあえず!といったかんじで、流してもよかったんだが、走り出すと徐々に力が入ってくる。
といっても、集団内で要領よく走るのが得意な2人は独走力はない(>_<)
35~38km/hといった程度で、40km/hを越えることなどまずない!
吉宗への下りでも50km/hを越えることはなかったぞ。

いつもはキツイばかりのプッチコースだが、自分のペースで走るとスピードは遅いのに時間は短く感じる。
これが余裕とゆうもんか?
青Mくんなんか、いつもこんな感じで走ってるんだろうな~

K山だけはいつものようにペース配分を間違って、テニスコートあたりで失速(X_X)
・・・勉強せえよ!

帰り、ダルガ峰HCの件でT本宅へ寄る。
チョッとだけイメージ合わせのつもりが、2時間強長居をしてしまった。
さすがに10時を過ぎると、暑かったわ~Img_1133


Img_6488


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »