« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

賞金で!

昨日の疲れで1日ぼぉ~っとしていた。
雨も降るんか降らんのかはっきりせんしー(ーー;)
午後、路面が乾いてきたんで走り出したら、また降ってきたがな~

積極的回復として、足だけは少し回しておかないと・・・
あわてて帰ってからローラーを30分ほど回しておいた。

カロリー消費してないから、あまりお腹は減らないが、食べる量はいつもと一緒。
なんで、ぼぉ~っとしてたらすぐ眠くなる。
せっかくの休みなのに、有意義でないのぉー

ヨメさんも今日は休みなんで、晩はなんか食べに行こう!ということになり・・・
「このあいだの賞金があるから、これで食べに行こう♪」(¥3000しかないけど...)
焼肉は食えんけど、ラーメンくらいなら?

我が家では焼肉を食べようといっても誰も乗ってこないんでちょうどいい?
回転寿司かギョーザくらいが関の山。
ラーメンでも誰も文句は言わんのが助かるところ。

西大寺の某ラ~メン屋で、豚丼とギョーザをつけて満足(^^)
・・・安くあがったわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダメージ大!

Image500


チーム定期練習会5月分として開催した、牛窓上り周回練。

集まったメンバーはチーム岡山8人に加え、はるばる姫路から自走のオオイシさん、FSまことさん、OBナカガワ、お目付け役の師範代、競輪学校入学前のタダ君。。。凄いメンバーで嬉しい悲鳴?

次回レースまで少し期間があるんで、今回は追い込みはなしの長時間高負荷走。
1周6kmのコースを13~14周(約80km)
10周まではイーブンペースで淡々と走り、残りは足のある人はペースを上げて良し!
の予定だったが、気温が高いため、補給(水)がもたん(ボトル1本の人もいたからね)と判断。
5周毎に補給停止とした。

1周コース確認を行い、遅れた人のショートカットコースを伝える。
そこから5周回ノンストップ!
2周目くらいまで押えて余裕で走ったつもりだが、同じペースで周回を重ねようとすると次第にキツくなってくる。
上りはD241君が相変わらず淡々(でも速い!)とペースをつくり、下りはある程度集団がまとまるまでペースを押えてもらって、平地は高速(となってしまう)ローテーション。

コースがキツいんで集団が分かれるのは仕方が無いが、遅れた人も出来るだけ単独で走らないようにショートカットを使う。一人になるとぐっと出力が落ちるからね~

D241、元エースキシモト、グラデパオオイシの3人がやはり強い!
そこになかむら、ハリー、みむtのチーム西大寺組がへばりつく展開。
しかし途中に補給を入れたのが失敗だった?
5周目に入ると次第にペースが上がり、上りでキシモト君が調子こいてD241、オオイシ君をつれて行ってしもうた(>_<)

補給タイム、チョッとペースが速いと反省するが、このメンバーだと仕方ないか?
というより「押えろ!」というほうが無理!
パンクトラブルのタダ君の修理を待って、後半は7周回一気にこなす計画に変更。

乳酸出まくりの足をほぐすように最初の上りは押えて走り、下り~平地になって本来のペースに戻す。
自分としては、残り周回どこまで粘れるか?がテーマ。

やはり前述の6人パックとなる。
相変わらず3人は軽々走っているが、4周目からハリー、みむtがキツくなってくる。
5周目はハリーさん脱落(ハムに違和感発生)
最後はなかむら、みむtも切れてチーム西大寺全滅(--;)

ショートカットで合流したナカガワ君と3人で、息も絶え絶えにまわしていく。
最終回、なかむらくんも微妙に遅れ、ナカガワくんと意地の張り合いよろしくお互いくらいついて走る。
最後平地で踏めなくなったが、ゴール前の上りでなんとか追いつき力を振り絞って終了。

先頭はキシモトくんが遅れ、D241、オオイシのマッチレースとなったようだ。
プッチモニ等で日頃から追い込んでいるおかげで、D241君は余裕があったという。
あぁ恐ろし~

終了後、記念撮影。
あまりに疲れて、このGWはもう練習にならんわ(X_X)

その後みんなで、ナスの¥980バイキングへ!
疲れにより内臓が受け付けないのか、思ったより食べれない(一般人と比べれば多いと思うが)
カウンターにチームジャージががずらっと並んだ光景は、異様だったろうな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チームワンピースデビュー

Image497


本日トラックの県内選手権で、それに向けて無理言ってメーカーに間に合わせてもらった。
入荷したのが木曜日。
支援企業のロゴプリントが必要なんで、すぐに手配。
ここも無理言って金曜日中に仕上げてもらった。
(持って行ったり、取りに行ったり、けっこう大変ーー;)
で、今朝リンダ君に手渡し、会場へ持っていってもらった。

自分は購入してないが、トラック以外にもクリテで使えるように同じデザインで作ってもらったが、かなりの着圧らしい。
着てない状態では、胸のロゴがかなり小さく着用したときに伸びて大きくなるデザインのようだ。

今日の大会にはチームから3人出場したが、人数が少ない中3人チームジャージが並ぶと、格好よかったな!
記録も自己新記録が出てたりして、ワンピース効果か?

今日はのんびり、選手権見学サイクリング♪
天気良くて気持いい(^^)

レース&遠征疲れか、身体はダルイ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬CSCロード Day2

P1010415


土曜日に力を出し切って、両足の土踏まず部分が何故か痙攣(X_X)
四頭筋にもかなりのダメージが・・・

宿に帰って水で冷やす。温泉でも足を湯船から出して温めない。
少しでも回復を促してやる。
睡眠時間もしっかりとって...と
晩飯が豪華で、美味しくてご飯食べすぎた!
お腹パンパン!えらくて自動的に寝てしもうたわ~
回復のための血液が、すべて消化に使われたみたい(ーー;)

開門は5:30
宿を4:30出発!駐車場の前列確保。
気温は4℃。今回は管理棟内にスペースを確保。屋外では寒くて待機できんわ!

ウォーミングアップは3本ローラー。
時間があればローラー上にいるようにして、身体の冷えを防ぐ。

E3ではガワ君が健闘。前日より順位をアップ!
「力を出し切って、楽しかった♪」のコメント
楽しんで走れる!というのは重要なポイント。

E2は前日の反省を生かした青M君が複数ポイントGET!
トミちゃんもそっかり完走!と、結果を残す。

レースを観ながら、合計1時間20分くらいローラーに乗った。
レース時間は50分くらいなんだけど...

朝一より多少気温は上がったようだが、それでも6℃くらいか?
アンダーを2枚着て、その上からアームウォーマー。
急遽着用可能となったレッグウォーマーも!
レインシューズカバーもつけて保温対策バッチリ!

スタート3分前まで、ジャケットとジャージで冷えないように待機。
こういう時別クラスにチームメイトがいると助かるわ~

スタート最前列はシルベスト軍団。
エースの所長は土曜日でリーダージャージを獲得していた。
今回もすぐ近くを走ることになる。

足は少し重いが、張りがあるわけではない。
群馬入りまでに足の張りはきれいに取れていたようで、土曜日の疲れだけって感じ。

6周のレースなんでペースは速い。
そいでも3周目までは無理なく走れていた。
3周目の心臓破りで「ミムラさ~ん」と声援が聞こえた。
どうやらガワ君が来てくれてたみたい。

4周目になると抜け出ようとする選手も増え、上りまでに数人先行。
(3周目までは1,2人くらい)
集団の前方にいたワシは、またしても先頭を引くはめに(>_<)
心臓破りのアプローチまで引いた後、後続は加速して追い抜いていく。
この周からほぼダンシングせざるを得なくなる。(動画参照)

5周目は上り返し後の下りでまた先頭引き!
最後の上りで先行に追いつく。
集団で心臓破りへ!この周もフルダンシング(動画参照)

4、5周目は自分でもキツく、上りきったところでは吐きそうなくらいだった。
レース中に吐きそうになった経験は今まで無かった。
少し弱気になり、最終回は集団の中で休んでいた。

裏の上り返しで10数人が先行。
集団内で弱気になっていたため対応できず(X_X)
集団は前が詰まって、上り返しで前に出られない。
それでも期をうかがい、心臓破り前には集団前方へ出ることができた!

先行は10数人。足があれば追いつける距離。
アプローチから腹をくくり、ギア2枚くらいかけてフルダンシング!
しかし周りが上手だった。
ペースを上げたつもりのワシの横をドンドン抜いていく。
(そんなに足が残っとんなら、もっと早く動かんかい!)

自分に一番足りないのが、パワーをかけたダッシュ力。
広島のホームストレート前の上りでもそうだが、圧倒的に周りの選手より遅い(泣)
上りきるまでに10人以上に抜かれた。
ここらへんが今後の強化のポイントだろう?

そこからゴールまでは、ほぼそのままの順位で流れていく。
スプリントする足など残っとらんわ~
前日より2つ順位を下げたが、無事ゴール。
感覚では、もっと大勢に行かれたか?と感じていたが、そうでもなかったのね~

今回は最終回で休みすぎたのが失敗。
レースは弱気になるとダメだね。

2日間のレースが終わって感じたことは、コンディショニングさえ失敗しなければ、まだE1で戦える!ということ。
得意な群馬、加東(今年は無し)で戦えなくなったら、ちょっと辛い。
広島や修善寺(今年は無し)では通用しないからね~

先頭集団で走るワクワク・ハラハラ・ドキドキ感!
この感覚がたまらないからレースを続けるんだよ(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

群馬での様子

レースの話はちょっと休憩

泊まった宿は...P1010376


猿ヶ京温泉 民宿藤屋
温泉入り放題!朝一温泉、レース後温泉(^^)
夕食は豪華!
Image496


凄いボリュームでお腹いっぱい♪
少食のガワ君はDNF!もちろんブッチギリは青M!

朝はおにぎり弁当を作ってくれる。(早朝出発のため)
夕食の食べっぷりで学習したのか、2日目はおにぎりが一回り大きくなったような・・・

8人部屋を4人で使わせてもらう。

P1010409
レースの準備、バッチリ!

CSC開門1時間前に宿を出て、入り口へ並ぶ。(宿から10分)
おかげで駐車場前方を確保

P1010378


入場門付近にスペース確保
朝一レースのガワ君はすぐにアップ。
P1010379


スタートは常に前列へ
P1010382


P1010389


P1010404


レース写真
P1010386ガワ君


P1010393雨は降らないが霧が濃い!常に前方青M


P1010398灰色うさぎ


P1010408みむtは集団内にひっそりと・・・


二日目は雨に備えて休憩室を我もの顔で使う
P1010410


アップは室外でレースを観ながら・・・
P1010416


二日目の朝、気温4℃(>_<)
E3、E2は長袖ジャージで!もちろんレッグウォーマーも!
P1010411


厳しいコンディションの中、なんのトラブルも無く、チーム岡山、無事に走りきり遠征を終えました。
4人で行けば、群馬も楽です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

群馬CSCロード Day 1

P1010405


朝の気温7℃
真冬を想定していただけに少しは楽だが、曇っていて時間が経っても気温は上がらず(ーー;)
スタート時の気温は9℃くらいか?
E3でトラブル(落車ヘリ搬送)があり、スタート時刻は遅れE1は11時。

ゆっくりアップする。
3回くらいに分けて1時間10分くらい3本ローラー。
会場入り口に陣取っていたため、いろいろ知り合いが声をかけてくれる。
関東といっても、慣れているため気負いなし!

今回はメンバーが各カテゴリーに分かれていたため、それぞれサポートは万全。
スタート順の確保や防寒対策もバッチリ(^^)
良い状態でスタートを迎えられた。

出走は100人程なんでスタート並びに神経を使うこ必要はないんだが、いらんロスを作らないためにも前方でスタートできるに越したことは無い。
写真に写る可能性もあるしね~♪

先頭はJエリートツアーリーダーのシルベスト軍団。
E1クラスに絞ってメンバーを送り込んでいるが、所長曰く「今回はメンバーが薄い!」
それでも集団にシルベストやナカガワなど、関西の選手がいるので落ち着くわ~

ローリングスタートで下りきるまで先導!のはずだったが、後方でトラブルがあったのか最後の上りに入るまでローリングが続いて寒い~(>_<)と思っていたら、いきなりサイレンを鳴らしてリアルスタート!
いきなり上りのハイペースには参った。
P1010408

展開は、たまに裏の上り返しで抜け出る選手が出るくらいで、1人2人なら集団は放っておく。
中盤になると先行する人数も増えてくるが、基本的にはメインストレートを上りきったところで吸収される。

自分も、先頭付近で上りに入り、下がりしろを確保しといてまた次の下りで先頭付近に上がる。
S字までに目標のポジションまで上がっておく。
ダメだった場合もS字とヘアピンを使い難なく上がっていく。
そうすると裏のアップダウンから上り口まで自動的に先頭付近にいられる。

シルベストのゆう君と所長(舞洲1、2)は常に隣前後にいて、同じようなポジション取りをしている。
ただ所長に関しては、同じところから心臓破りに入っても、メインストレートでは遥か前に行ってるのがスゴイ!

先頭付近で上りに入ると、先行の何人かを追って集団の先頭に出なければならないこともある。
「なんで50過ぎたジジィが先頭を引かんとおえんのなら?」
と思いながらも、わりと足は回ってくれて、何回か先頭に出てしまう。

調子に乗ったか6、7周目くらいから足がピクピク
チョッとキツイ?
上りは少しギアをかけて対応。
足が攣りかけて時は回すより踏んだほうがやり過ごすことができる。

最終回まで集団は崩れることなく(50人弱)、最後の上りへ。
後で聞いた話、先行したユーラシアの2人はDNQ(サイン忘れ)で降ろされたらしいが...
心臓破りへのアプローチでじわじわと10数人が先行した。
既に対応できる足は残ってなかった。

かなりペースが落ちたが、なんとか心臓破りをクリア。
ゴールまでの高速コースは単独にならずにすんだ。
半分諦めながら、ゴールまでに何人か抜いてゴール!

思ったより先行が少なくて、順位は26位だった。
複数ポイントは20位まで。
もう少し粘ればよかったか?
しかし足は限界で、明日大丈夫だろうか?
久しぶりに使い切った感のあるレースだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬CSCイメージ


ガワ君がDay2の動画を撮ってくれたので紹介します。

4周目 心臓破り

5周目 心臓破り


ゴール


・・・写真やら動画やら整理してたら、疲れた(--;)

レースレポはまた後で~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬まで行ってきました!

東日本の定番コース、群馬CSCサーキット。

チーム岡山 群馬遠征部隊4名で土日のレースを戦ってきた!

群馬CSCは1周6kmで微妙にアップダウンのあるテクニカルなコース。
ワシはこのコースは好きで、5回目の参戦。
残りの3名は初体験。
金曜に試走するため、早朝から出発。
10時間かけて、群馬の山奥に到着。
P1010362
標高700m、桜のつぼみも見えない!
この日は比較的暖かく、そさくさと試走の準備
車には屋根に自転車4台、ラゲッジスペースはローラー2台、フロントホイール4本とスペアホイール2組
雨対策にタープテント、各人の荷物も雨対策で膨れ上がる。
何か取り出すのに、なだれが起きる状態(ーー;)

Image494P1010361

なかむらくんのリクエストもあったので、コースの紹介
P1010374ここがスタート&ゴール
微妙な下りは珍しい
P1010363メインストレート
微妙な上り
P1010364上りきって最高地点から下りに入る
コース脇には残雪!(これが普通)
P1010365下り後半のS字コーナーへ
P1010366切り替えしS字コーナー出口
P1010367続いてヘアピンコーナーへ
P1010368ヘアピン
かなりキツく唯一ブレーキングが必要!
P1010369裏側はアップダウンが続く
P1010372勝負どころの心臓破りの坂
(心臓が破れるほどキツくはないけど・・・)
P1010373ゴール前の微妙な上り返し
P1010380下ってゴールです♪

ここをE1クラスは土曜10周、日曜6周で争われました。
以前のBR-2では12周してたから、かなり短くなってます。

まずはここまで~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

機材の威力

Img_0583
haradaさん撮影の写真、使わせてもらいました。
最終回バックストレートですが、気に入ってます♪

写真を見てわかるように、今回は中華カーボンホイールを使いました。
距離の短いストレートと立ち上がりダッシュの繰り返しで、カーボンディープリムは必要ないと考えていたんですが、次の群馬で使いたい(アップダウンコースでの惰性効果を狙って)と思って、試運転を兼ねて使ってみました。

3日前にタイヤを貼り、二日前に試走、コーナーリングの確認をして、前日1時間ほど流してみた感想は…
足が張っていたせいで、びっくりするような軽やかさを感じることができず
「こんなもんかぁ~ 機材より足!それとコンディションのほうが重要じゃな!」

しかしその半日後、レース当日。
足の張りは取れ、ウォーミングアップに3本ローラーを回す足も軽い♪
軽い?ん?なんか軽すぎるじゃろ?
もしかしてタイヤ?ホイール?という感覚を持って、悪くない(^^)v

レース後よく考えてみたが、ラップタイム1分そこそこの高速レースであれだけ楽に走れたのはやっぱりホイールか?
コーナーの立ち上がりでも、ほとんどダンシングすることなく軽く足を回しただけでついていけた!
ポイントを取りにいったときのチョイもがきでも、思ったより伸びてくれた。

ディープリムの恩恵でなく、軽さ!この軽さこそが加速のよさにつながっていた!
それと剛性。軽くても50mmという高さが縦剛性を生んでいるのだろう。
キシリウムしか使わなかったので、他のディープリムとの比較はできないが、ワシにとってはこれで十分♪

走っているときは、そんなこと考える余裕はなかったけど、振り返ってみると中華カーボンの影響は大きい。
もっと言うと、コーナーでの軽さの恩恵。
クイックにコースを取りやすく、コーナーでの遠心力や惰性でのアンダーは皆無。(レースレポでのアンダー表現は間違いで、訂正しました)ワシの体重を差し引いても、以前よりコーナーで切れ込みやすかった。

機材の恩恵をこれほどまでに受けたのは、今まで無かったと思う。
特にフレームなんて、通勤用も決戦用も同じなんだから!
もう止めれんな~
青Mさん、ありがとう(^^)/

Img_0605写真もう1枚
3位争い、ハンドル投げ合いに勝利!(必死)
ほんま、危なかったわ~


| | コメント (5) | トラックバック (0)

運がいいのか悪いのか?

Image493
今回の舞洲は運がよかったというか、棚ボタ的に入賞が転がり込んできた。
勝手にみんな転んでくれて、3位が転がり込んできた感じ(^^)
普通に集団スプリントとなったなら、いくらコーナーを先頭で脱出しても、ワシのスプリント力からいって数人に抜かれることは間違いない。
落車の影響で1列切れ切れでスプリントに入ったおかげで、誰にも抜かされずにすんだわ。
でも、まさかの追い込みで並ばれたときには、死ぬ思いでハンドル投げたがな!
こんなチャンス二度とないからな~

運がいいといえば、ゼッケンが「333」のぞろ目!
これを見たとき、なんか良い予感がしたんよなぁ~
そういえば青Mさんも「555」だった。

プレートを返却に行って「ゼッケンNo.が良かったわ!」と言うと
「わぁぞろ目ですねぇ~」
「3のぞろ目で3位じゃったよ!」
「よかったですね~♪」
「おかげさまじゃから、この次は111をくれぇよ」と、車連のおねーさんと会話。
しかし今回は例の恐いおねーさんはおらんかった...

あっE-2レースで最終コーナーでの落車で突っ込んできた自転車が、ワシの車に当たってたような・・・
もともとキズだらけなんで、少々なら気にしないが、ジックリ見てみると!!バンパーについた傷がヘッドライトまで...グリルも凹んどるがな(泣)

事務局に相談したら「一応保険屋に確認します。なんせ前例がないもんで。」
危ないと思いながらソコに駐車した我々も悪いが、主催者が駐車場に指定してるのも悪い!
最後に斧理事長と話したが
「3位になった人ですね?」
「ええ、車が凹んで、運がいいんか悪いんか?というところですわ」

バタバタと片付けて帰ったんで、なんもかんもバッグに放り込んで...
帰りに寄ったホルモンうどん屋(正式にはお好み焼き屋)に入るのに財布を捜したが、すぐ見つからない。
仕方なく貰った賞金でホルモンうどんを食べた(--;)
ヨメさんに「賞金(といっても¥3000)貰ったで!」と自慢してやろうと思ってたのに、もって帰った賞金封筒にはお釣りの小銭がじゃらじゃら。格好にならん・・。

西大寺で解散・交通費精算につき、もう一度財布を捜す。
無い!バッグにも、手提げ袋にも、シューズバッグにも、ローラーバッグにも(ToT)
もちろん上着やジャージのポケットにも・・・
車が凹むよりショック~

入賞気分も飛んでいったわ~

家に帰ってバッグの中身すべて出したら、隅っこに隠れるように出てきた財布!
焦って、気が動転して、みんなに迷惑かけて・・・

レースでは冷静なのに、なんでこんなに慌てるんだろう?


| | コメント (6) | トラックバック (0)

舞洲参戦!

2012

運よく3位入賞!
しかし、車ぶつけられる(落車して飛び込んできた自転車にToT)
財布なくす(--;)
ショックなので、今日はおしまい...

のつもりだったが、再度バッグの中をひっくり返して探したら・・・出てきたわ~(みなさんお騒がせしました)

気を取り直して、忘れんうちにレースを振り返る(^^)

今日は第一レースのE3から、いきなり青M君の活躍(3位&ポイント賞)で盛り上がる!!
その後もチームメイトはいいレースを見せてくれている。
最終レースとなるE1で、下手なレースを見せるわけにはイカン!

レースに対して変な気負いはない。
昨日まで足の調子は優れてなかったし、問題は来週の群馬じゃな~
今日はいつもより距離は短いし、予選もないし、どうにかなるじゃろ?
(昨日も書いたが、根拠のない自信)

いつもと違って、今回はローラーのみでのアップ。
パンクのリスクと公道を練習に使ったときの一般人への迷惑を考えてのこと。
時間があったので、レースを観ながら、トータル1時間半はローラー上にいたかな?

さてレース。
人数も少ない(クリテにしては多かったが)のでみんなスタート順はあまり気にしていない様子だったが、いらん足は使いたくないんで、アンドーさんと共に先頭に並ぶ。
同じユニフォームが2人並ぶと、写真がアップされるとPRになるからね~(高木さん、よろしく!)

いつもどうり上手いことスタートできたが、今回はいきなりペースが上がった(>_<)
いつもは先頭あたりで余裕なんだけど、今回はキツイがな~
2周目にはすでに下ハン持ってたりして・・・

3周目に入ったところで2人抜け出している。
マツキ君の後ろにつけていたワシは5番手。黙って後ろについているわけにもいかんしー
こういう時は、先頭交代を促される前にさっさと前に出て、すぐに後ろに交代を促す。
こうすることで、集団にアピールしてポジションを確保。

問題は5周毎のポイント周回ペースアップ。
ここも前の周にあらかじめ前方を走ることにより、ペースアップに対応。
無理について行こうとしなくても大丈夫。
スピードに乗せさえしておけば、ポイント後は楽にポジションを戻すことが出来る。

何回かあるポイント周でもみんなが狙ってこないこともある。
3回目のポイント。
先頭付近で迎えれば、ポイント争いに対応できると見越して4番手くらいでバックストレートへ。
少し1列が長くなっていたこともあり、後ろからまくってこないことを悟り絡んでみる。
ここは先頭通過が目的ではなく、青Mさんやカイルさんが取っていたポイントを話の種に取っておこう!くらいのつもりでチョイもがきの2番手通過!
自分の足が、思ったより軽いのも確認できた。

その後は少し休み、ガラにもないことは止めておこうと自重。
なぜかポイント周回以外でペースが上がることがあり、たまにキツイ時があったが一瞬なんで大丈夫。
後はどれだけ足を溜められるか?
しかしコーナーでインをつくと、すぐに先頭付近に上がってしまい、また先頭を引いたりして・・・(すぐ交代するけどね)
コーナーは4列くらいで進入するが、自分は中央でもアウトでも問題ない。
体重が軽いのと、タイヤ(憧れのコルサCX)かホイール(中華カーボン)のせいか、人よりオーバー気味に切れ込む。
隙間を付いて前に出ることが出来るが、リスクを考えるとインがベターだろう。

最後のポイントにも絡んでそのまま先頭付近でゴールを目指そうかとも考えたが、2人抜け出て3人目が行ったところでヤメた!
残り3周。
出来るだけ先頭付近に居座りたいが、そうは上手いこと事は運ばん。
集団内に潜むように、前へ出る機会をうかがう。
3コーナーでは落車あり!(まだ焦るには早いじゃろ?)

鐘が鳴る!
ホームストレートは横8列くらいに広がり、みんな前へ出ようとする。
こういう時はえてして中央のほうが安全なこともある。
バックストレートまで我慢して、残り半周、インに出るチャンスが巡ってくる!
同じようにシルベストの選手もインを突こうとしているんで、無理せずそれに続いた。
外側ではコーナー前で落車があった模様。
かなり強引にシルベストの選手数人とともにインをつくその瞬間コーナーの外側で大きな落車!
インはまったく問題なし。
おかげでコーナー脱出スペースに余裕♪
先頭はそのシルベスト2人。
ワシは4番手だったが、3番手が出口で勝手にコケる。
こっち来るなよ~と思いながら、前2人と少し差が開いて一瞬躊躇。
一瞬送れて踏みなおす!
ギアかけてフルもがき!といっても大したスピードは出せないが、落車の影響で後ろは1列のはず。
もしかしたら3位確保できるかも!と思ったら力が出る!
ゴール前、後ろから気配が・・・ヤバっ
先頭2人が手を上げた瞬間、3位確保にゴールラインで思いっきりハンドルを投げる!
ギリギリ数センチだと思うが逃げ切れたか?
いや、もしかしたら刺されたかも?くらいの微妙なゴールで素直に喜べなかった。

結局3位確保だったが、今回は運が良かった(^^)v
運も実力のうち!とカイルさんに言ったが、自分もそうなるとは!
今回はチーム岡山、運がついていたか?

運もそうだが、長いこと出続けてりゃぁええこともあるじゃろ?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

いよいよ!

Image491明日はいよいよ実業団初戦、舞洲クリテ!

機材のほうも、いよいよ中華カーボンのデビュー♪
ゼッケンプレートのホルダーも準備したよ(^^)v

水曜定時日!昼間雨だったんで車通勤。
早く帰って練習~ではなく、中華ホイールにチューブラータイヤを貼る。
リムセメントを使うのも12年ぶり!
カーボンに2度塗りして、慎重にタイヤを装着。
タイヤはビットリア・コルサ エボCXⅡ
以前は憧れだったコルサCX!高くて買えなかったが、今回は決戦用として奮発した。
チューブラーでは当たり前だった21mm幅が、今では凄く細く感じる。
昔のZIPP・MIDVには19mmをつけていたが、今考えると恐いなぁ~

カセットは余っていたアルテグラの12-23を取り付け!
と思ったら、丁度合うスペーサーがなかった(泣)
次の日、注文していたゼッケンホルダーを取りに行ったついでに、スペーサーも購入。
これでバッチリ!

金曜が雨予報だったんで、早起きしてコメリで試走。
コーナーリングの感覚を掴むため、徐々にスピードを上げてコーナーへ突入。
42km/hくらいまで上げたが、まったく問題なかった。
ホイールの感じは軽くて硬い!
乗っていて落ち着いた感じはしないが、路面への食いつきはタイヤのおかげだろうか?
ブレーキシューは中華付属のブルーなヤツ。
天気よければ特に問題ないか?

朝練から帰って天気予報を見ると、雨予報から雨は夜まで降らない!に変わっていた。
これはラッキー♪と通勤号に乗り換えて出社。
しかし帰りはしっかり雨だった(ToT)
レース前だし、大人しくしときゃあよかった(ーー;)

今日は、先日家出していた猫が帰ってきたので、ワクチン接種に連れて行く。
昨年、摂取後患部をもんでやってたら噛みやがったんで、今回は息子に頼む。
息子には大人しかったらしいがな...(なめとる=)

昼間、決戦仕様で1時間ほど走ってきた。
自転車の調子はいいが、問題は足だな~
回しても足は軽くない(>_<)
まぁ どうにかなるじゃろ?(まったく根拠のない自信?)

帰宅すると・・・  !!!盗難に遭ったピストが帰ってきとるがな!!
息子が近所で見つけたという。
あまりにボロで銭にならないと思い、盗んだその足で放り捨てたんだろう。
それにしても腹が立つ!

あと半日、しっかり休んで明日に備えよう~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メディオフォンドな人々

Image489久々に体験!時速4kmの世界!

岡山県サイクルスポーツ協議会メディオフォンドシリーズ第一段・雲海ステージ!
朝冷え込んだものの、晴天に恵まれ集まったのは300余名♪
基本サイクリングだが、ハードなコースと、ほぼ信号のないレイアウトは足に自身のある者の挑戦意欲を掻き立てる。
先頭はほぼレース状態。主催者側からすると好ましくないが、ルールを守って安全に走ってくれればそれもアリか?

もちろんそんなレベルの人は一部だけで、大部分はサイクリングに毛の生えた程度。
ワシの役目は、みんなをスタートさせた後、最後尾をフォローして走る。
必然的に初心者と一緒に走るようになる。

写真のグループもそうだが、普通のスポーツウェアに運動靴で走っている。
どうやら職場の先輩(先頭)にそそのかされて自転車を始めたパターン。
なんか数年前のトリッカーズさんを思い出すな~
自転車の魅力や、そのトリッカーズさんの話(次の年自分の自転車を買ってタイムを半減!)などしながら少しの間一緒に走った。
若いんでその気になれば、すぐに速くなるだろうな(^^)

序盤、パンクトラブルで最後尾を走っていたのは自転車歴30数年の年配の方。
自転車はスチールのWレバー2X5段変速
病み上がりらしく、自転車の準備が十分出来なかったそうで、トウクリップのペダルにクロスレシオギア。(平地のサイクリング仕様)
元気に走っていたが、最後の上りは大丈夫だったろうか?

予想どうり最後の上りは、初心者レベルは大苦戦!
最後尾は夫婦で参加していたご婦人(ワシより若いか?)
クロスバイクに運動靴だったが、頑張って登っている。
「無理して旦那さんについて行こうとせず、自分のペースでゆっくり走ってください!」
と声をかけるが、このレベルになると自分のペースというのがわからないというか、ただただ必死でペダルをこぐだけ。
「キツなったら、回収の車に乗ればいいですから!」というと、「くやしいから乗りません!」とキッパリ。
「じゃあ動けるうちは頑張ってね!口が回っているうちは大丈夫!」

そうこう言ってるうちに前方に歩いて押しているこちらもご婦人!
息子さん(高一)と一緒に参加されたようだが、昨年までは息子さんだけ参加して、お母さんは車で連れてくる(高知県から!)だけだったという。津黒も奥吉備も経験済みらしい。
会場で女性の参加者の話を聞いて、一念発起!昨年末自転車を買って始めたという!
(旦那さんは家で留守番^^)
息子さんは自転車の魅力に取り付かれ高校の自転車部に入ったそうだ。
メディオフォンドシリーズが一役買ったと思うと嬉しいわ~

残念ながら2人とも塩田の分岐で、自転車を降り回収車に乗った。
息も絶え絶えに分岐まで来て、そこからコースを見上げるとガックリくるのもわかるわかる。
情報によると、その先は歩いている人続出らしい。

それでも次の最後尾はまだペダルを踏んでいる。
超軽いギア比のついたクロスバイクのおかげで、時速3kmでも普通にペダルをこいでいた!
しかしワシが追いついて程なく、力尽きたのか自転車を降りてしまった。
島根県から参加の彼は、通勤では自転車に乗っているが、休日に走りに行くことはほとんどないという。
大会参加も、今回が初!
距離をみて大丈夫と思ったのか、この上りは想定外?初心者はコースプロファイルを見てもピンとこないかな?
その後少し乗ったり歩いたりしたが、最後は回収車へ。
少し練習して、また挑戦してくれればいいけどね~

本部まで帰ったときは、ほとんどの参加者は既に片付けて帰ったか温泉に行ったか?
話をする事が出来なかったが、みんな言い顔してトン汁を食べていたという。
先輩にそそのかされた2人はしっかり完走して、トン汁を食べていた。
「美味しい!次回もトン汁食べに来ます!」と言ってくれた。
理由はどうであれ、懲りずに参加してくれるのが一番だね!

走り足りないワシは、終了後雲海周回コース(4.2km)を10周。
昨日の疲れで身体をほぐす目的の回復走のつもりだったが、アップダウンしかないそのコース。
負荷はかけないように走ってはみたが、案外負担になって疲労蓄積されたかも?
その周回中、温泉の駐車場には最後まで自転車を積んだ車が残っていた。
温泉で汗を流しながら、仲間とワイワイ今日の走りを振り返るのも楽しみの一つだね~

今回誘導スタッフとしてチーム岡山(OB含む)7名が奮闘してくれた。
危険な箇所もあったが、事故や大した怪我もなく、無事に終われたのもこのスタッフのおかげです。
みなさんお疲れ様でした!


| | コメント (8) | トラックバック (0)

今週末

先週のチーム練スプリント+笠岡自走で、思いのほかダメージが長引いている。
そのうえ水曜定時日は朝練+北フルコースでダメージ上乗せ(ーー;)
金曜日朝錬を考えたが、休養にあてることにした。

今週は明日メディオフォンドのスタッフがあるため、レースまでに追い込めるのは今日が最後。
それなのに足のダメージを引きずったまま、牛窓新周回コースへ。
(自分で呼びかけておいて、これは失敗じゃな)

集まってくれたのはアンドー、なかむら、トミちゃん、GAWA君
追い風に乗って牛窓へ!
今日も風が強そう(>_<)

新周回コースは7.4km
微妙な上りと緩斜面の下りと上りがあり、群馬CSC初挑戦のトミちゃんとGAWA君にはちょうどいいか?

1周アップしたあと、4周X2の集中走。
徐々にペースを上げていき最終はスプリント!
最初から足が張っていてしんどいが、イーブンペースなら対応できる。
常に負荷をかけるように、下りでも積極的にローテーションして休まないようにする。

一定レベルまでは対応できるが、アタックとかスプリントなどの急加速には足がまったく動いてくれない(泣)
踏み込むと四頭筋が痛み、回すとふくらはぎが攣ってくる(X_X)   
・・・重症
なかむらくんの加速にはまったく対応できんかったがな~

練習後はパン屋ミーティングには参加せず、直接帰宅。
シャワーを浴びて飯食った後、明日の準備。
雲海まで荷物を運び、コースに看板を取り付けていく。
風が冷たい~雲海では雪が舞ってたわ!

今年は逆周りで、道の狭くなった部分を下っていくところがある。
看板も立てたが、誘導スタッフが注意を促すようにしている。
チーム岡山のメンバーも協力するので、よろしく♪

明日は朝冷え込むようだが、昼間は天気良く暖かくなりそう(^^)v
みんな楽しく安全に走りましょう!

荷物を積んで帰らなにゃあいけんので、車で行きます。
今日のダメージを考えると、それもよかったか?
自走組は頑張ってね~

実業団は今週末白浜でTTとクリテがある。
チームの精鋭が参加(青M、ハリー、りんだ)
こちらも気になるね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道場破られ?

本日のチーム練は笠岡干拓地。
平地周回のクリテリウム対策練習。

土曜日まったく自転車乗らなかったため、距離も乗っておきたいと岡山の実家から自走で参戦!
朝は風も弱いだろうからと、ゆっくり2時間近くかけて笠岡へ。
帰りは追い風のはずだから大丈夫(^^)の計算。

笠岡に集まったメンバーはアンド-、ナカニシ、カイル、D241と研修生?(休業中のN君)
??違うジャージが一人!!平和な練習会を荒らしに来たトーマスさん
白浜~舞洲と続くクリテ対策なんだけど、白浜組は都合により全員欠場~残念。

コースはショートカットコースを使う1周3km。
横長のコースは風に対してほぼ直角。
横風ローテが必要。

ウォーミングアップに10周。徐々にペースを上げていく。
横風がキツく、ローテして下がっていくときに風の影響をうけるので辛い。
先頭に上がっていくときは風下から出るので比較的楽なんだけど。。。
ウォーミングアップだといっても、最後はお約束のスプリント!
カイルさんとトーマスさんが争っていたわ!

メインの練習は3周してスプリント!1周ダウン。の繰り返し。
最終コーナーを回ってからゴールまで500mはあるだろうか?チョッと長いんで難しい。
距離が長いとコーナー勝負にもならず、思ったようにスプリントできない(>_<)
いろいろ試したが、結局1本も獲れんかった(--;)

3セット後、みんなのダメージが大きいいんで、1周+スプリント、1周流しに切り替え3セット。
合計7本のスプリントのうちカイルさんが3勝!
しかしトーマスさんはその上を行く4勝!
要はほぼこの2人の争いだったわけで、7本目にカイルさん前輪ハスリのアクシデントでスプリントに絡めなかったため、あっさりトーマスさんが獲った次第。アンドーさんもかなり粘ってたけどね~
チーム岡山道場、あっさり破られたが!

途中トーマスさんが「補給摂らせてください~」というんで、「スプリントしながら摂りゃあええがな!」と相手にしなかったが、ダウン中に摂ったようで最後まで元気にいかれたがな。
トーマスさんに補給摂らせたのが敗因か?

Image487
練習後すきやで昼食。
ここでもトーマスさんとカイルさんのキング盛り対決!
なぜかここでもトーマスさんが勝負に出て先着!
本人満足げ♪
見てる方がお腹いっぱいになったわ。
強いヤツは胃袋も強い!

倉敷組(ナカニシ、トーマス)も自走で来てたので、一緒に帰る。
海岸線を追い風に乗って帰りましょう♪ナカニシくんの誘いにトーマスさんは嬉しそうに先頭を引いていく。
ペース速いんですけど(T0T)
海岸線を回ったおかげで距離が伸び、200km越えたがな~(別にそこまで走らんでもよかったんだけど)
倉敷まで3人で帰ったんで、時間は早かったけど・・・

実家でシャワーを浴びた後、来週のメディオフォンド雲海の打ち合わせで辻本宅へ。
おかげさまで今回300名を越えた!
天気良く、事故もなく、参加者が楽しんでくれれば最高だね!
チーム岡山も誘導スタッフとして協力しますよ♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »