« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

恐い~

シーズンが終わってまともに自転車に乗ってない(ーー;)

完走できないレースが増えてきてるんで、もっと頑張らんと!と、今年のシーズンオフはしっかり走ろう(^^)vと思ってたのに...

悪い事が重なり、仕事がメチャメチャ忙しくなった(X_X)

朝晩の通勤10kmを走るので精一杯。

しかし水曜だけは比較的早く帰れるんで、1時間くらい走る。

登りを中心に走ったが、LEDのライトだけでは下りが恐い。特にコーナーのイン側が全く見えない。アウトのガードレールなどでコーナーを判断するだけなんで、何回も突っ込みそうになった。

車体を傾けると、そっちの方向にライトが向いてくれたら便利なんだけど。。。しっかり正面だけ照らしてくれるだけだもんな~

ゆっくり下ればいいんだろうけど、どうも性格が許してくれない。

すべてにおいてこんな調子だから怪我も多いのか?困った性格

| | コメント (2) | トラックバック (0)

標高1000m

P1000895 週末はメディオフォンド津黒高原がありスタッフとして行って来た。

このコースは県内の道路ではほぼ最高標高を走れ、尾根沿いに非常に眺めがいいお勧めのコース!

地図上では標高1000m地点まで登りほぼ標高を保って尾根伝いを走る。この岡山県とは思えない景色が大好き!(^^)

土曜日は昼から出てコースを試走した。薄曇りで時々陽が差す程度だが気持ちいい!夕方だったんで結構寒かった。さすが1000m~

日曜日も天気だったら良かったんだが...

起きた時は降ってなかったが、スタート時には本格的な雨と風(>_<)

70人を越える参加予定だったが、風雨と寒さのためスタートしたのは54人。

しかし雨の中スタートした人たちは元気に走って、厳しいコースに果敢に挑戦してくれた!

足を攣らせたり、寒さに震えながら走った人や、昨年のリベンジで大幅にタイム短縮し他人も。今年の最終走者は60才くらいの女性の方!

ゴールして、「途中で止めなくて良かった!」と走りきって満足してくれたのにはスタッフとしても嬉しかった。

今年も最後尾を自転車でフォローしたのだが、雨が降ってちょっとつらかった。

しかし走っている人たちは、この登り坂を走るのが精一杯で雨の中を走る事自体初めてだろうに、余裕がある自分が弱音を吐くわけにはいかない。

苦しそうに走っている人を励ましながらついて走った。

トラブルもなく終われたことは何よりだった。P1000901         雨の中スタッフもお疲れ様!

次回は天気に恵まれますように~(晴れ男、晴れ女の人 ヨロシクね~)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

定時日

今日は水曜定時日(^^)

といっても夕方6時は真っ暗なんで、自転車に乗っても楽しくない。

シーズンが終わって気が抜けているし、まだ足の疲れは抜けきらないんで軽く1時間ほど走って帰る。

10月になって自分の職場は急激に忙しくなったが、工場では全体的に減産傾向。

なんか割りにあわん(ーー;)

11月はもっと忙しくなる!シーズンオフだからいいようなものの、こんな状態が続いたらレースどころではない(>_<)

割り切って自転車も休むしかないな~

昨日BSで放送してたロード世界選手権をビデオ録画してるんで、これから観よう♪

 間違って違う画面が撮れてたら・・・過去に例があるんで不安~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ギリギリ!?

ギリギリセーフだったらいいんだけど...Photo

輪島ロードに出るために能登半島まで行って来た。災害復興記念として、被害の激しかった輪島市門前町での山岳コース。禅の里のロードレース。

しかし出発前からオチがついた。

遠いし高速代もかかるからと、深夜割引を使おうといった自分が朝寝坊!

3:30集合でTELで起きたのが3:35!

急いで瀬戸町まで車を爆走させ、ナカニシ君の車で出発したのが3:57

山陽ⅠCまで1km。なんとか間に合うか?というところで赤信号~1分遅れで深夜割引に届かなかった(>_<)

気を取り直して、いざ能登半島へ           (写真は禅の里ゴール地点)

天気がよくってサイクリングに出たい気分。景色もいい(^^)

しかしコースは厳しい山岳コース。BR-1クラスにとっては単なる丘でも自分にとっては完全なヒルクライム(ーー;)

10%を越える登りが続いている。一度下って二つ目の登りをこなすと、下り途中から日本海が一望できるすばらしいコース。

足は軽い!なんとか完走を目指したい。

いざレースが始まってみると、感覚的に登りのペースは速いとは思わない。しかし自分の意思とは裏腹に、半分も登ると足が張ってきてズルズルと順位を下げていく。

ピークに達する頃には集団から完全に切れてしまった! うっそー?(こんなはずじゃぁ)

下りで何人かかわし次の登りで集団(先行以外の大きい集団)にあと一歩!

その、あと一歩が追いつかない。ここでレースは終了。またしても一周目で...

あとは何人かの遅れ集団で完走を目指すのみ。

しかしその集団内でも登りはつらい。3周目には両足がピクピクしだす。

4周目(最終周)に入るとき先頭から6’40”遅れ。登りきるまでに10分は遅れないだろう。完走は大丈夫!と思うと早くこの苦しみから逃れたいと小集団から遅れて登る。

頂上で9分遅れ。何とか完走?

しかしこの後 大ドンデン返しが。。。

周回起点の200m地点の関門はゴール前でも生きていた!

ピピー!「ハイ コースを外れて~」 係員の誘導でタイムアウトの宣告。

残り200mを残してDNF(泣) しかも自分がさっきまでいた集団はギリギリ関門を通過してゴールしていた。

またしてもギリギリアウト!!

どっちにしても、登りが走れない事に間違いは無い。まったくレースにならない。

もっと頑張って登りを走れるようにするか?割り切って山岳コースには出ないか?

考えもんだな?(BR-3に落ちるまでは実業団レースは続けたいが。。。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

闇練

水曜定時日といっても、18時に会社を出ると、すでに暗い(>_<)

昼間は目の覚めるような天気だったのに...

秋の日が暮れる速さを実感する。

今日くらい少し練習しておこうと帰り道にある石原果樹園へ。

輪島ロードの登りに身体を慣らしておく意味で裏の12%のほうを何本か走っておく。

登り坂には外灯もなく自転車のわずかなライト灯りのみ。

交替制の時はほとんど明るい時に練習してたのが、日勤になると闇練になってしまう。

というか、普通のサラリーマンはこの時期、朝練でも夕練でも暗闇が当たり前(ーー;)

自分だけが特別じゃない。

これから半年は闇練となるな~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

怪我

先日の加東ロードで、チームメイトと知り合いが落車して負傷した。

2人とも鎖骨骨折という重症(に入るかな?)だった。

自分も落車はしょっちゅうしているが、幸いにして大怪我はしていない。

しかし、一歩間違えば大怪我になっているかもしれない。。。自分の悪運に感謝?

問題は怪我をした後!家族に迷惑かけたり、職場にも迷惑かけてしまう。

家族や上司、同僚から「ええ加減にしたら?」なんて言われたらチョッと考えてしまうかも?

といっても、実際は仕事休んだ事はないし、包帯、絆創膏は日常的なくらい(トレードマークになってたりして…)で、最近は誰も何も言わなくなった。(心配もしてくれない)

家族にいたっては「せっかく保険にはいっているのに、たまには入院くらいしてみ!」という始末。

自転車する前から怪我はしょっちゅう。バスケで靭帯断裂、原チャリで骨折、その他なにをやっても勢い余って大擦過傷~

こういった経験から、なにをやってても事故や怪我はつきもの!自転車の場合、その確率が高いと人は言うが、自分の場合今のところ自転車の方が軽症ですんでいる。

自転車乗らなければ、レースに出なければよかった…なんていうのはナンセンス!

迷惑かけるからやめようか?なんていってたら、なんにもするな!というのと同じじゃないかな?

大怪我をしたことないからそんな事がいえるかもしれないが、自分がどう考えるか?が大事だと思う。物事の捉え方ひとつで気持ちも違ってくると思う。

ポジティブに考えられれば気が楽だよ~♪

(楽天的すぎる!と、ヨメサンとケンカになることもあったが...)

2人の早期回復を祈ってます。 お大事に!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

加東ロード

P1000893 前日のジュニアロードに続いて2日連続で播磨中央公園へ...

朝も早かったし、なんか疲れている。

土曜日に高校生のアップに付き合った時から足が重たい(ーー;)

なんかネガティブなことが多い。仕事も忙しく、まっすぐ家に帰って寝るだけなんで、レースの事などほとんど考える事はなかった。

当日朝、かなりの冷え込み。寒さに弱いんで気持ちも盛り上がらない(>_<)

じっくりアップしたかったが、腹調子が悪くトイレに行ったりして十分な時間が取れなかった。

目標は落車せずに集団前方でスプリント!コース的に苦手意識は無いが、過去いい成績だったためしがない。昨年はパンクしているしー

さて、レースは?というと

スタートからペダルが入らず2列目にいたのに、走り出すと前に50人くらいいかれた!

このコースで150人弱はキツイ。差がつきにくいコースなんで集団も小さくならない。

20~30番手をキープ。チームメイトのナカニシ君も近くを走っている。

1周目は集団が安定せず、急な登り返しでコース外にはじき出されパイロンの外を通ってなんとかコースに戻った。その後も、前車が振れて自分がもっとふらくと後から罵声を浴びせられる(X_X)   そんなもん仕方なかろぅ。。。

2周目からは集団も落ち着き安定して走れる。足は重いが集団のペースがきついわけではない。しかし集団先頭までは一回も上がる事はできなかった。

2人逃げているが集団は追う気配がない。5周目になって少しペースが上がる。

予定では半分(4周)までは足を使わないはずだったのに、実際は予想外に使っていた。

逃げを吸収した7周目、ペースアップに備えて前方へ上がろうという気持ちと裏腹に、足が一杯で全くポジションを上げられない。30人はいる。

せめて30位以内には入りたい!最終の登りで前へ上がる...つもりが踏んでも回りのスピードと全く同じ。そのままのポジションでピークへ。

そこですぐ前が落車!!かろうじて交したが、そこで集団がバラけ間が開いてしまう。

コースが細くなるところで追いつき集団に潜り込む。

結局同じポジションでホームストレート!先頭はかなり前を走っていた。

いっぱいいっぱいの足でもがいてみるがゴール前で何人かに抜かされてしもうた(ーー;)

結局34位。完走ポイントのみ。

このところ完走するのがやっと という感じ。展開も何も無し。

何のために走っているのか?なんだかよくわからんようになった?

逆に、今でも集団について走れるのを喜ぶべきか?

なんか最近自信がなくなっているが、とりあえず来年も頑張る!

(来週の輪島山岳コースはレースにならんかもしれんから...)

                                        写真はBR-3 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

、レース前に...

最後の追い込み!というほど大げさではないが、比較的早く帰れる水曜日、なかむらくんと少し走った。

コメリクリテコース。ついた時にはすでに真っ暗(ーー;)

レース前なんでしっかり足を回しておこうと、高回転で5周。

その後、ダッシュを5本。   

一人で走るよりかなりモガける(^^)

ここんとこ、レース以外一人でしか走ってないんで相手がいてよかった!

今日はこのくらいでこらえておこう。

ていうか、明日足が痛かったりして...

| | コメント (7) | トラックバック (0)

シャカリキ

9月末の休みだった日、雨なんで話題の?映画「シャカリキ」でも観にいこうと上映を確認すると...

岡山ではすでに上映は終わっていた(ーー;)

観ようと思ったら福山まで行かんといけん!

...諦めた...

そのままパソコンで検索していると、コミック本の案内が目に付いた。

漫画を読む!!という手がある。Photo

思わず全巻注文してしまった~

まさに大人買い♪

すぐに送ってきたが、平日は時間がないんで、雨だった昨日から読み始めた。

15年以上前の漫画で、自分もまだ初心者だったころ、そんな漫画があるというのを聞いた。見た事はなかったけど。。。。

この年になって読んでも、モチベーションがあがるような漫画だわ!

自転車始めた頃に読んでいたら、自転車ライフはまた違ったものになっていただろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

運動会

会社の運動会だった。

もちろん今年は走る競技は丁重に断わったんで百足競争、玉入れ、大縄跳びに出場。

何が凄いって、平均年齢の高いうちの工場。4回しか跳べなかった大縄跳びでも5チーム中3位!信じられない~ いかにメタボオヤジが多いかわかるじゃろ~

疲れる前に競技終了(^^)  20年前には40回以上平気で跳んでいた面々だが...

昼過ぎに終わったんで、そのまま走りに行く。まとまって走れる貴重な時間♪

山陽町だったんで、そこから津山まで行き、やまなみ街道を帰る。

Photo 5月に走って以来2回目だが、一度走っているんで気分的にま少し楽。

一人で走るんでどうしてもマイペースになってしまうんだが、できるだけ頑張ってみる。

しかし過負荷にならないように自然と身体が抑制するんで、実際練習になっているかどうか?

いつもこういうところを走れればいいんだけど、自宅から40㎞近くあるんでなかなか走れない。

奥吉備街道も同じくらい遠いんで難しいな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

性格?

民宿の駐車場で車を傷つけてしまった(ーー;)

といっても自分としては大した事ではなく(車好きにとっては大変な事?)、塀にバンパーを擦っただけ。

バックで入れるため切換えしに塀ギリギリに頭を突っ込んだんだが、そのギリギリがほんとは明らかに接触する状態だったみたい。

当たるかどうかな~?と思ったら、とりあえず行ってみるか?という性格!

レースでも危ないな~と思っても、行けるじゃろぅ(^^)vと狭いスペースに平気で入り込んでいってしまう。

結果 車を傷つけたり、落車する確立が普通の人と比べて数倍高い(>_<)

でも、車が傷ついても、落車してもあまり気にならない。(気にしない?) これが落車を引き起こしている要因? というか、よく解った!性格だから治らん!?

普通の人だったら、当たると思ったら止まってバックするか、危ないと思ったら躊躇して突っ込まないだろう。

今回の飯田は落車なくてよかったわ!

今日は振替休日で、昼から練習に出た。

輪島ロードをイメージして同じようなコースを周回してみた。

10%の登りが2km近く続くという過酷なコースは、飯田をギリギリ完走できた自分にとってはかなり厳しい。

レースとなれば自分のペースを越えて走らなければならないので、一人で練習してもあまり効果はないかな~?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »