« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

シーズンオフは、、

仕事が早く終った!

午後4時前、とっても天気がいい(^^) 嬉しくなる~♪

どこに走りに行こうか?わくわくする。

すでに オフに入ってのんびりムードなんだが、距離だけは乗っておきたい。

今年のオフは徹底的にLSDをこなそうと考えている。

毎年思っているんだけど、皆と走ればすぐにペースが上がって台無しになってしまう。

去年は中途半端すぎたのがよくなかったのか、3月になってペースを上げたとたん、身体に負担がかかって疲れが取れず、シーズン前半を棒に振ってしまった(>_<)

   (中盤は仕事が忙しく練習できず、後半は怪我により走れないまま終了。結局シーズン通してまともに走れず)

今後も仕事は忙しいはずなんで、焦って無理やりコンディションを合わさなくていいように、気長にやっていきたい。

目標は3000kmはLSDをこなすこと。毛細血管を発達させるLSD以下レベルの運動は、それ以外の代替はないのだから...(この歳になってもまだ発達してくれるだろうか?)

オフに入ってまだ300kmほどしかこなしてないけれど...

今日は牟佐~旭川を下って児島湾~吉井川とずっと水辺を走った。気持ちよかった~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

たけべの森コース

再来週、メディオフォンドの最終ステージがたけべの森を発着(予定変更で八幡温泉郷になったか?)で行われる。

以前ハーフセンチュリ大会として使われていたコースだが、アップダウンが激しく厳しいコースと評判だった。しかし参加したことはなかったし、実際にコースを走ったことも無い。

前半の奥吉備街道だけは経験があるが、スタッフとしてはコースを知っとかないと!と今日走ってきた。(会社は振替休日)

キツイといっても前半だけだろうし、センチュリーランに出る人のレベルで厳しいというだけで、実際には大したことないだろう(^^)vとなめてかかっていた。

3時間もありゃあ十分じゃろー(距離は85km) と軽い気持ちでスタート。

しかし序盤の登りがキツく結構頑張らんとペースをキープできん。LSDレベルで走るつもりがミドル超レベルまで上げなければならんかった(>_<)

奥吉備街道を終えて高梁方面へ下っていくが、かなり足にきていてペースが上がらん。

その後の峠はへろへろになってようやく越えた。当日はこの峠に補給ポイントを置く予定。

しかし奥吉備街道後半にも休憩所を設けたほうがいいくらい(参加者のレベルによっては)と思うくらいで、サイクリングのつもりで参加した人には厳しいかな?

その後も吉備中央へ向けてこれでもか?とアップダウンが続く。吉備中央公園にも補給所を置く予定だけれど、へたり込む人が出てくるんじゃないかな?

加茂川から奥吉備街道へ戻る登りは泣きそうになった。

結局3時間25分もかかってしまった(T T)

頑張っても3時間切れるかどうか?というくらいで、LSDなら4時間は軽く越えるんじゃないかな?という感じ。練習コースには最適!!

でも実際には速い人もいるんだろうな。軒並み3時間切られたらどうしよう?

皆さんの挑戦、待ってます!    岡山県サイクルスポーツ協議会より

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メディオフォンド津黒高原

P1000418 メディオフォンドのスタッフとして津黒高原へ行ってきた。

土曜日に現地入りしてスタッフと試走する予定だったが、風雨が強くキャンセル。

しかし今年は「落時屋(らくじゃ)」というログハウスに泊めていただき雨露をしのげて優雅な夜となった。(^^)v

今朝は見事に晴れ上がり、写真のように大山もバッチリ望めるいい天気!

この津黒ステージは眺望のよさがウリのコース。高低差が大きくきついけれど、それなりに楽しんでもらえると思う。

そのハードコースに今回が自転車に乗ること2回目(先週初めてMTBで40km走ったそうな)の参加者がいた。

自分は最後尾をフォローする役目なんで、ずっと一緒に走ることになった。

いくら若いといっても、いきなりこのコースは無いじゃろーと思ったが、本人こんな大変な目に遭うとも知らずに、うまいこと言われて連れてこられたみたい。P1000417_3

しかしせっかく来たんで楽しんでもらいたい。自転車に乗らなかったらまず見ることの無いだろう素晴らしい景色を味わってもらいたいと思った。

連れてきた仲間も気を使ってゆっくり走ってはいるが、普通の運動靴にジャージという格好は大変だったろうと思う。後でみていて最後までは無理だろうと思ったが、休みながらでもとうとう最後まで走りきってしまった。

最後の登りを終えて尾根に出たとき、感慨深げに景色を眺めていたのが印象的だった。

これにめげずに、練習して来年も元気に参加してくれたら嬉しいな!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

不注意!

シーズンも終わってのんびり(ボォ~っと)してます♪

プロ選手でもないのに、シーズンもオフも関係ねェ~という声もあるけれど...

忙しい中やりくりしてレースに出場する、BR-2で走るという自分なりのモチベーションに無理やりこじつけて自転車に乗っているんで、最終戦が終わるとほんとに気が抜ける。

しかし、このホッとする期間がなんとも嬉しいんだよ~(^^)

で、先日のレースでパンクしたのを調べてみた。

よくみると、その前の加東でパンクしたところと同じ箇所がパンクしていた!

タイヤの裏側を見てみると、マスターズの前にタイヤが裂けかかってて、裏からパッチを当てて応急的にてきとうな接着剤で貼り付けていたままで、そのあふれた糊の部分に小さな(本当に小さい)砂粒が付いていた。

それにより走っている間にチューブに穴を開けていたようだった。間違いない!

飯田は1周で止めたんで、なんともならなかったみたい。その後練習には別のホイールを使うんで気がつかない。

加東のときは段差によるリムうちみたいなのが原因と思って、レースが終わってチューブだけさっさと交換して次のレースまで使わなかったからわからなんだ。

よく考えると、キシリウムがリム打ちするわけないじゃろー(-_-;)

よく調べておけばよかった。(結果的に南紀はニュートラル周回に救済されたけれど)

横着なのと石橋を叩かず渡るこの性格は考え物よな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南紀クリテ

今シーズンの最終戦である南紀クリテ。

その前の2レースは完走すらできてなかったんで、最後くらい納得できる走りがしたい!

なんとか足は完治しているが練習できてないんでどこまで走れるか?というところだが、平地なんで要領よく走れば20位くらいはいけるかな?とふんでいた。(基本的にクリテは好き!)

今年はコース(滑走路の往復)に枝がついていてコーナーが3つ追加されていた。ゴールは最終コーナーを立ち上がって200mくらいなんでスピードのない人でも上位に食い込むチャンスがある!

なんといってもトラブルにたいしてニュートラル周回が設定されるんで、今回はパンクしても大丈夫(^^)v

平地だし、ぜひ完走してください!と言わんばかりのレースである。   なんで完走だけでは物足りない。何とか上位を!といきたいところだが...

風が強くバックストレートは向かい風。ゴールは追い風なんで先行有利で間違いない!

序盤先頭付近をキープ。一人二人と逃げが出るが集団は無視。向かい風では集団のペースが上がらないんでローテしてペースを保つ。結局前にいるんでローテに加わることに...(逃げに乗ることはできんけど。このくらいなら)

6周目くらいにパンク!悪い予感的中。手を上げて集団の後ろまで下がり審判に機材ピット入りを確認してニュートラル周回を適用する。預けておいたスペアホイールに交換して集団が来るのを待つ。

なかはら君が二人で逃げている。それを見送って集団の最後尾につける。審判が来るまで最後尾を走り復帰の合図(必ず最後尾まで下がらなければならない)をする。

半周ほど後方にいたが、なにかあったら(落車、強力な逃げなど)やばいんですぐにまん中より前に出ておく。何周か休んでから前に出てローテに加わる。

10人くらいの決まった人しかローテに加わってないみたい。前方にいるメンバーは決まっている。まあ みんなそれぞれ考えがあって走っているんでいいとも悪いともいえないけど...

できるだけ足は使わないようにしていたが、最終コーナーの立ち上がりは毎回フルパワーが必要だった(練習できているときは余裕かもしれない)。残り10周くらいで足が攣り出す。完走狙いしかないか?

残り5周?くらいで2人逃げている。15秒くらいをキープしていた。集団はその内捕まるだろうとほったらかし。しかし差が縮まらないんで先頭に出て「追わんのか?」と積極的なローテを促す。2人で逃げ切られたら悔しい(自分に逃げきる力がないから)んでどうしても捕まえたい。一時20秒まで開く。残り3周。再び先頭に出てペースアップの合図をする。かなり足がいっぱい(><)。

残り2周でやっと捕まえた。後は単発で抜け出る者がいたが、最終周で集団は横に広がり様子見。バックストレートが終わるまでには先頭付近まで上がりたいがみんな同じ考えでうまくいかない。集団の中をぬって前方へ。

しかし思ってる以上に足が残ってなく、追い風区間では他の人のほうが速かった。ここで死ぬ気で(おおげさ?)力を振り絞れるかどうかだが、やはりできなかった(--;)

ポジションを下げてコーナーへ。コーナーでは何人かかわしたがゴール前で力尽き抜き返された。せめて30位以内に!と頑張ったが微妙なところだった。

後でリザルトを見て29位を確認してホッとした。しかし出走が60人くらいなんで、ちょうど半分か?複雑な感じ~

まぁ なんとかレースにはなったかな?で、良しとしよう☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やっと帰った

南紀クリテから、さっき帰ってきた(>_<)

BR-3のレースが終わって、ナカガワ君の片づけを待たずにさっさと帰路についたんだけど...

白浜~田辺までが観光客で結構渋滞していた。この調子なら高速も対面通行が多いんでのろのろ運転になるかもしれん?と覚悟していたのに、のろのろどころか途中から完全に止まってしまった!

12kmの渋滞、90分という表示があった。30分くらいかけて3km進んだところで ICがあったんでたまらず高速を下りた。

国道もかなり混んでいたが、動かんよりはましじゃろう。次の ICまで50分くらいかけて迂回した。ひとりだし道もわからんのですごく不安だった。おかげで眠気もふっとんだわ!

そのあと、阪神高速湾岸線~神戸線に乗り換えるのに迷子になって地道をぐるぐる。またしても大きなロス!

6時間かけて帰ってきた。疲れた~

レースのレポート(29位)はまた明日!おやすみ♪

| | コメント (3) | トラックバック (1)

子供の名前

秋祭り 子供相撲大会の準備に行った。

餅を詰めたりお菓子を詰めたり、土俵の整備。

いろいろと忙しいが取り組み表を作っているときのこと、

取り組み表に貼っていく子供の名前を紙に書いていて思うのは

最近の子供の名前のきらびやか(という表現がいいかどうかえわからんけど)なこと!

がいや、かいと、みう、るい...また使っている漢字もいろんなのを組み合わせていて感心する。

その中で たくみ?拓海?えっ 藤原拓海? イニシャルD じゃねーか!

藤原さんもイニシャルD のファンなのかねぇ~

うちの子の名前のときは、あまり深く考えないで決めたなー。意味、希望のある名前だと名前負けしたりプレッシャーになってもいけんからな!

今朝は朝練途中まで一緒に走って、早めに切り上げた。60kmほど。

明日早いんで、風呂入って早く寝よ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終戦

日曜日に 本年度実業団ロードレースの最終戦が 白浜である。

本当は先週の加東ロードを最後にするつもりだったけれども、故障により思うように走れないことがわかってたんで、急遽最終の南紀クリテを申し込んでいた。

結局申し込んでいてよかった!加東ではパンクによる遅れで完走できなかったんで、不完全燃焼でシーズンを終わるところだった。

南紀でも思うように走れる保障はどこにもないけれど、トラブルにはニュートラルで対応できるんで悔いの残らないように走ってきたい。

ただ、最後まで足が残る自信はないけど...

今週はできるだけ走って体力を回復させたいと考えてたのに、仕事が長引き思うように走れなかった。そのうえ今日は雨。通勤でも乗れず!

土曜日は地域の行事にでなければならんので、日曜の朝早く、一人で出る予定。

居眠り運転しないように気をつけて...っと(これが一番心配)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画鑑賞

久しぶりに映画を観にいった。

 天国で君に逢えたら 

観たいと思いながら、今回も観ずに終わるか?と思ったけど..なんとか仕事の段取りがついたんで観にいくことができた。

今週の金曜で公開終了だったんでギリギリ間に合ったかたちに!

終了間際だし、メジャーな映画でないんで、鑑賞者は少ないだろうと思ってはいたが...

   たった4人だった(-_-;)   ほぼ貸切状態  盛り上がらん

プロウインドサーファーだった飯島夏樹が癌で余命宣告され死ぬまでの物語。

ウインドのシーンは最新で、使っている道具やトリッキーな技など当時の面影はなかったけど、それはそれで迫力がある。

ヒロコ役の伊東美咲もなかなかキュート!(実際の寛子さんもカワイイんだよ。昔隠れファンだってりして)

いちばん印象に残ったのは、子供たちと過ごしているシーン。自分の子供が小さかった頃のことを思い出した。大きくなった現在、昔のことをどのように覚えてくれてるだろうか?なんてねー

元気で時間なんて無限にある!と思って のんべんだらりと生きているような気もする。

自転車で元気に走れること、にもっと感謝せんといけんかぁ?

飯島夏樹公認ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

親子そろって...

さすがに疲れました~(‐ ‐;)

播磨中央公園のレース 土曜日はジュニア大会で日曜が実業団大会。その間に夜、仕事が入っていた!

息子のレースを観た後、急いで帰って半日仕事をした。

朝、冨ちゃんが迎えにきてくれて一緒に播中へ。行きも帰りも運転してくれたんでたすかった(^^) 一人で行ってたら眠くて事故してたかもしれん。(居眠り運転事故の経験アリ)

帰ってブログを..とパソコンを開いたところで寝てしまった。

で 何が親子そろって かと言うと、パンク!

息子が一周目からパンクしてたらしく、集団から遅れてやってきた!まだ走れていたんで、「情けねぇ~」と言いながら観ていたが、後で見てみると本当に空気が抜けていた。

「コーナーが思うように曲がれず、いっこも面白うなかったわ」なんて言ってた。

まっ この次頑張ってくれりゃあええけど...

次の日、自分も同じ目にあうとは夢にも思わ(ないことはなかったが)ず、足のことばかり心配していた。

痛みが出ないだろうか?---ハムストリングに負担がかからないよう少しサドルを前へ出してみた。

最後までもつだろうか?---練習ができてないんで半分(4周)までは自信があるけど、あとは不安。

何とかポイントを取りたい!(BR-2残留のために)---あわよくば、30位以内に...なんて図々しいことまで考えていた←身の程知らず

とにかく集団の前方でなるべく足を使わないようにこっそり走る!という作戦で、スタートラインの先頭に並ぶ。

自分でも不本意ながら作戦どうり集団の前方をキープして3周をこなす。チームメンバーのアンドー、キシモトは積極的に先頭を引いたりしている。

いつもだったら力もないのに調子こいて、同じように先頭に出たりするのに今回は申し訳ないくらい冷静にいられた。

しかし4周目の下りにパンクしたようで登りがすごく重たくなる。もしかして?疲れてきただけで、気のせいか?やっぱりコーナーになるとふわふわする。

どーしよー?すぐに空気が抜けてこないんでいけるところまで行こうか?そんなこと考えてたら登りなのにシフトダウンもせずに走ってしまった。足も疲れがでてきた。下りのコーナーが怖くてとても集団で走れない~もうやめよーなんて走ってたら集団の後方まで下がってしまった。

サポートバイクもいないしー  後ろからは「ふらふらするなー」とか言われるしー 「パンクじゃ~ 先に行ってくれぇー」なんて言いながら走ってたらバイクがやってきた。

サポートバイクかと思ったら違っていた。「ホイールサポートはおらんのか?」「ずっと後です!」「すぐ呼んでくれー」   なんで集団の後についていないのか?

いかしこう言ったからには、ホイール交換して走らないといけないか?

集団を見送ってホームストレートにさしかかりもうやめようーーーと思ったところにサポートバイクがやってきた!

「こっちじゃ!ずいぶん待ったでー」といいながらホイール交換して走り出す。

集団は跡形も無く、誰も走っていないようなコースを一人で走り出す。しかし何故か足がいっぱい!集団のありがたさと自分の力の無さをヒシヒシと感じながら走る。

残り4周も走れる自信がないけど、息子に言い訳が立たないような気がして、完走を目指してひょろひょろ走る。BR-3と違って遅れ集団なんかないんでいつまでたっても一人きり。7周目にやっとひとり追いついて、残りを2人で走れれば...と思ったが最終周に入るところでタイムオーバーとなった。

結局ポイントも無し!残留が危ない!来週の南紀クリテにかけるしかない!

家に帰ると、娘の通学自転車までパンクしていた(-_-;) トホホ

P1000413 写真はJツアー上位選手

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シッティング

今日は仕事だったんであまり時間はとれなかったが、雨があがったんで少し走れた!

ハムストリングを痛めてから、シッティングで坂を上れなっかた(>_<)けど...

そろそろ大丈夫か?と近所の短い坂をシッティングで何本か走ってみた。

軽めのギアで、ミドルペースで登ってみたが痛みは出なかった(^^)

1日あけて、今度はペースを上げて確認しようー

加東ロードはすべてダンシングで登りをこなそうかと考えていたけど、シッティングでいけるに越したことはないからね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は部落の懇親会が昼食時に行われた。

みんなで歓談しながら酒を飲むんだけど...

元来ビールは大好きで、自転車なんかしてなかったら浴びるくらい飲んでいると思う♪

しかし最近家で飲むことがない(仕事で遅くなるのと、回復が悪くなるような気がして...)んで、少し飲むと後がしんどくなる(>_<)

3本飲んだだけだが、帰って昼寝してたら夕方になってしまい、あわてて走りにでかけた。

1時間ほどしか走れなかったうえ、ダンシングしたら頭は痛くなるし最悪。

シーズン終わったらしっかり飲むぞ~っと(^ ^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土曜朝練

たいして走れる自信はなかったが、とりあえず朝練に行く。

最近参加者が少ないが、今朝は誰もいない!

こんなことなら息子についていけばよかったと思いながら待ってたら、オグラさんが来る。

整体を予約しているんで10時までしか走れないとのこと。

そのうちナカサトさんも来る。こちらも故障中につき無理はできない。

丁度良かった!故障者3人で無理せず走ろうと話していたところに、土曜日の男”タナカ君が来た。

タナカ君に引っ張ってもらうつもりで八塔寺ダム目指して出発。

故障者に合わせてくれているのか、余裕で走っている。こちらは必死!

めずらしくダム湖を周回して引き返す。

以前はこれがメインの練習コースだった(最近はサーキット~塩田回りが主流)。懐かしい感じ。かなりショートな感じがした。無理できない身体には丁度良かった!

登り、加速はすべてダンシングでこなしたんで、ハムストリングの痛みは問題なかった。

若くないんで、無理して悪くしたら大変なことになる=とナカサトさんに言われた。本当にそうだと思う。気をつけないと...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おそるおそる

自転車に乗ってみました。

朝は本当に恐る恐る走ってみた。

少し違和感があるような?久しぶりだからか、治ってないんか?

とりあえずまとまった時間走ってみたいんで、むりやり仕事を早く終わらせてもらった。

平地を50kmくらい走った。途中1時間ほどミドルペースに挑戦。

なんとか痛みも出ずに終えることができた。

まだ登りを頑張るのはこわい!

徐々に慣らしていこう(^ ^)  って こんなんで14日のレースに間に合うんか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

休養中

木曜日くらいまでは あまり動かさないほうがいいと言われていたんで、自転車に乗っていない。

明日は木曜だけど、自転車通勤してみようと思う。

もともと体力のあるほうではないんで、身体を動かしていないとすぐに力が出なくなる(>_<)

それに毎日通勤で走るんで、少し乗らないとすごく不安~

最後と予定していた加東ロードまであと10日。完全に回復するはずもない。

で、急きょ南紀クリテに申し込んだ。

シーズン最後のレースは納得いく走りがしたい。

もしかしたらBR-3に降格してやめるかもしれないし...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯田ロード

P1000402  肉離れした足をテーピングしてなんとか走りきろうと思っていたが...甘かった~

土曜日、飯田に着いたら雨で気温は15℃

30℃の世界から来た者にとってこの寒さはこたえる。しかも雨だしー

予報では日曜も雨!80%

試走しないでひたすら回復させるつもりだったが、雨が止んでる間に足の状態を確認するために軽く走ってみる。

LSDレベルなら普通に走れた。30分ほど流した後、宿でアイシング。

腫れないように圧迫して回復を願う!

10時間くらい寝て気持ちよく目覚める。しかし しっかり雨は降っている。

落車の危険もあるし足の状態が最悪になるかもしれない。次のレースもあるし...出走を止めようか悩んだが、後で後悔してもいやだしポジティブに走ってみることにした。

アスレチックテープで痛めた部分の筋肉を固定してみた。違和感無く歩ける。

なんとかいけるかもしれない!

ウォーミングアップでは全く問題なかった。普通に完走するつもりでスタートラインに並ぶ。

ダンシングなら問題なく走れるのはわかっている。しかしすべてダンシングする自信がないんで途中からシッティングに切り換えた。  とたんにスピードが出せなくなる。

よこやま君に抜かれ きしもと君に抜かれ とうとう集団から離れてしまった。

付いていこうと力を入れるとすぐに痛みが出て筋肉が切れそうな感じ。

甘かった。レースレベルで走れるほど甘いもんじゃなかった。コースもきついのに...

今止めれば、次の加東ロードは走れるかもしれない!と考え1周で止めた。頑張っても完走できるはずもないし。

すべてダンシングで走る!という強い気持ちがあればもう少し走れたかもしれなかった。心の弱さが出てしまった。

着替えて残り周回を応援にいった。あさひの女子選手が雨の中最後まで走りきった。後で聞いたところによると、途中落車したらしい。それにもめげず完走目指して頑張っていた。それを見て自分が情けなく思った。

無理して走ったのが良かったのか悪かったのか?走って高負荷に耐えられなかったことが分かっただけでも自分では納得できたが、気持ちは複雑~

(写真はBR-3の大集団)

<速報>秋田国体で岡山のエース清水君(NIPPOめいたん)が中盤から15人の逃げに乗り、ゴールスプリントで惜しくも2位に!ゴールは写真判定になったくらい接戦だったらしい(メカニックで参加している山ちゃんより)

国体で結果を出すことが、その競技の世間に対する一番のPRになると思う。清水君、プレッシャーの中よく頑張ってくれました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »