« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

やってしまった~

Photo 今日は会社の運動会。

若者のいない職場では、少し運動していたら「走ってくれ~」と、リレーメンバーに選ばれる。

去年はうまいこと変ってもらったが、人数の減った今年は断りきれず走る破目に...

この結果が 

あっさりと肉離れ~

昨日痛みがあってテーピングしてもらった左ハムストリング。

すごい後悔(ーー;)

こうなる可能性は十分わかっていて、今まで調整してきた飯田ロードが水の泡になるのが怖かった。

しかし雰囲気的に断ることができず、朝から他の競技で盛り上がっていたんで、調子に乗ってしまった(>_<)  ...  あとのまつり

なったものはしょうがない!なんとか走れるように処置してもらいに、いつものスポーツマッサージ(本当は整体院)へ

当日のテーピング法まで教えてもらって帰ってきた。

あとはいかに腫れないようにするかがポイント。

明日は試走もしないで回復を待つしかない。

走ることができればいいけどね~(長野県まで行くのに...)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マッサージ

行きつけのスポーツマッサージへ行ってきた。

今週になってから左のハムストリングが少し痛むので、安心のためにテーピングをしてもらった。

午前中早めに終らせたかったんで、頑張って早起き(8:30)したが、着いたのが9:15.

9時開院で二まわり目くらいで診てもらえるだろうとふんでいたが、患者がずらりと並んでいた(>_<)...年寄りは暇だからなぁ~

三まわり目の最後でようやく診てもらえた。

自分の後は空いていたので、一番悪い時間にきてしまったみたい!

しっかりほぐして電気も当てて、テープも貼ってもらって600円は安い!!  けれど

予約制でないんで時間は無駄になる。

お金をとるか、時間をとるか?それともセルフマッサージで我慢するかぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メディオフォンド後山

Photo 東粟倉村 愛の村パークを発着点に岡山県最高峰の後山をグルッと1周するメディオフォンド後山が行われ、スタッフとして参加した。

心配された天気も、雨など無縁のサイクリング日和りとなった。

今日の役目は最後尾を車でフォローすること。

しかしせっかく来たんで、最初のヒルクライム区間だけ走らせてもらった。

しかし最近(今年になって)疲労の回復が悪く、昨日くらいの練習でも足が張って非常にしんどい(>_<)

そのあと車で最後尾をついて走ったが、千種高原を抜けて峰越峠まで登るコースは自分で走りたいと思ったほど走り応えのありそうな登りだった(峰越峠は標高1000m超)

ゴールした人には温泉券とおにぎりが配られ、参加者はおのおのくつろいで帰られたもよう。

ここ(愛の村パーク)の露天風呂は見晴らしのいいことで評判だった。風も涼しく気持ちよかったよ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

強くなるには...

強くなるには、チームに入ってみんなで練習すること!

今日本屋で立ち読みしたファンライドに、シルベストの山崎店長が書いていた記事によるもの。

一人ではついついサボってしまう練習や強度の低下を、チーム員と競うことにより克服するという内容だった。

まったくそのとうりで、単純明快!自分にも当てはまる、悪魔のささやきから逃れるにはそれが一番だと思う(一人で追い込める人もいるが)。

今日は久しぶりに朝練に行ったが、参加者は約束していたヤマモトさんと参加表明していた帰省中のクニタ君、土曜日常連のタナカ君と故障中のナカサトさん。

少し寂しいが一人で走るよりはマシ!国際サーキット~塩田をまわって帰る。

ヤマモトさんはリカバリーと言っていたがスプリントになると必ず出てくる。

暑さで帰り途中はダレてしまったが、まずまず追い込むことができた。

大都市みたいに人数は集まらないが、貴重な練習会なんで有効にりようしたいもんだ。

みなさん、ドンドン参加してください♪

明日はメディオフォンド後山のスタッフ、あさっては仕事で、練習会にはいけませんが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は仕事が早く終った。

しかし暑いぇ~(>_<) 最高気温は真夏と同じくらいあったらしいが...

LSDで50kmほど走って帰った。

今年は距離が乗れてない。去年の同じ時期に比べて3000kmくらい少ないか。

体重は増えたまま。しかし体調はいい方向へむかっているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマモトさんより

Photo 自分の出た3部のゴールスプリント前の写真が送られてきた。

見てみると思ったより集団の人数は減っていたみたい。

この少ない人数での位置取りの悪さが暴露された。

実際は後ろに大勢いるものと勘違いしていた。(約50人出走で完走は35人、先頭集団は30人もいなかったみたい)

たまには後ろも振り返らないとわからんかな?

とりあえずこの写真の位置からもっと前へ上がってスプリントに入らないと勝負にならんな。実際のところ出遅れたことだけ覚えていて、あとはよく覚えとらん。冷静にスプリントできてなかった!

さて、気持ちを切り換えて 今度は飯田ロード。

登りの厳しいこのレース。しっかり練習しとかんといけんのに、もう時間がない!なるようにしかならん(-_-;)

今日は久しぶりにパワークライムを5本しておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツマスターズ滋賀大会

P1000389 初参加となったスポーツマスターズ。46歳なんで3部への出場となる。

なにが楽しいか?っていうと、同年代と競うことができること。

しかし実業団レースでおなじみの顔ぶれがずらり。それも一緒に走った50代に多い(3部3名、4部4名)

どうみても50代が強そう。

心配された天気は回復し晴れて暑くなった。

路面も乾き、不安なく走れるようになった。

平地の6kmコースを6周回。9:30スタート。スタート前に選手全員の名前を紹介してくれる。1.5kmのパレード走行の後正式スタート。ほどなくして後ろに並んでいた50代の選手があがってくる。レースはここの実業団組を中心に展開される。

最初は森下さん(シマノ)が出てペースを上げ一列棒状に。しかしゴール前にはダンゴ状態。

何回か棒状とダンゴを繰り返した後、実業団最年長BR1の高橋さん(フィッツ)が単独逃げ。

1.5kmほど様子見て4人が追う。追いつきそうなんで自分も単独で追いかけ合流。ローテして逃げるがやはりゴール前でダンゴ状態。

その後も高橋さんが逃げを繰り返し、同じ展開が続く。唯一のBR1選手のプライドを見せ付けるかのように強さをアピールする走り。さすが!

高橋さんを追っかけ追走グループでローテを促すが、中にはいっぱいいっぱいの人もいてスピードが上がらない。

服部さん(ブレッツァ)や野田さん(スワコ)も積極的に走っているが後に続く選手の力の差はいなめない。

逃げも確実業団選手だけで組めば確実に決まるだろうが、それぞれ思惑がありタイミングも違うのでそううまくはいかない。

逃げは決まらないと判断し集団待機を決める。集団内では実業団選手ではないがスプリントは抜群の山田さん(ミノウラ)をマークしておく。

最終回、森下さんが単独で逃げる。集団はけん制。残り2kmで逃げて捕まえる。野田さんが前を引っ張る形で残り1km。

山田さんの後につけ様子を見ながらスプリントへ。少し出遅れ!(自信がないんで遅れてしまった)スプリンターとは同じように踏み込んでもみるみる差がついてしまう(>_<)

少し集団から抜けた位置でゴール。全体で7位。3部では5位だった。

優勝した高知の長谷部さんは元国体選手(トラック)だったらしい。2位、3位の選手はわざわざ北海道からの参加。このコースでたぶんスプリントに自信があったのだと思う。4部優勝はやはり山田さん。スプリンターにはかなわない!P1000375_2

このふくらはぎ!こんなのに勝てるわけが無い→

表彰式

賞状をもらうのは3年前の西チャレ以来?

P1000374

60代では山本さんの2連覇が期待されたが、惜しくも3位だった。

写真は60代のゴールスプリント

P1000379 土曜日に行われた1部2部のゴールスプリントは大迫力!ずらりBR1選手。

広島のぐっち~が見事2連覇達成(写真右端)

P1000369 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

明日は

滋賀県で行われるスポーツマスターズ大会に参加してきます!

自転車競技はロードレースで、コースは平坦な6kmの周回コース。

スプリントのない自分に勝ち目はないだろうけれど、何があるかわからんのでとりあえず頑張ってみようと思う。

それから、同年代の競技者に会うのも楽しみ♪

どんな人がどのように競技を続けているのか話もしてみたいし...

レベルは?だけど一応全国大会だし。雰囲気も楽しんできたい。

あっ  早く寝んと山本さんが迎えに来る~””

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックレース

今日は高校の秋季大会。

朝練のあと、昼から玉野まで観にいく。

トラックレースはいろんな競技があるし、全体が見渡せるので展開もわかって観ていておもしろい!元ボンシャンスのコムロくんも観に来ていた。

走っているほうは大変そうだけど...息子など1日に5種目も走ってるらしいし、みんな4種目くらいは出ているみたい。高校生は回復も早いのか元気がいい!(成績は別だけど)

強い選手は見ていても楽そうに走っている。フォームが綺麗だし乱れない。いかに練習しているかわかるというもの。

P1000364 1年生で組んだ4km団抜き

やはりトラックで練習してないと、うまいことまわらんね。

どの高校も一年生が多く、今後が楽しみ!

さて、今日の朝練   トミヒサ、ヤスダ、オグラと自分で4人。

オグラさんはついて来るだけなんで実質3人。八塔寺ダムまで頑張ったが、その後疲れてサーキットまで行かず、ショートカットして日笠~鵜飼谷を抜けた。

登りではトミちゃんにやられるし、スプリントはヤスイさんにかなわんかった(>_<)

足がすぐ張ってしまう。明日はマッサージでも行くか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

脳内メーカー

子供がパソコンで 「脳内メーカー」 なんぞをやって談笑していた。

「おとんのもやっといたよ!」 なんでも 名前を入れるだけで出てくるらしい。

何を基準に出てくるんかしらんけど、けっこういえてるって感じ♪

自分の脳内は...

きれいに4分割  欲 友 嘘 悪

はレースで未だに未勝利ゆえの 優勝欲

友はチームメイト

嘘はレースでの駆け引き、騙しあい?

悪は?なんじゃろー?練習をさぼる悪魔のささやき?

...なんて自転車的に考えてみました。

今日は仕事だったけど通常出勤だった。

早朝に練習しようと早番同様に起きたが、睡眠不足が続いてたため朝飯食べてもウトウト

個人練習は遅れても誰も怒らない(悪魔のささやき?)

結局1時間しか走れなかった。仕方なく仕事帰りも1時間くらい走った。

どうも、まだレースの疲れが残っている様子ーーー

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ふくらはぎ

熊野の全実ロードの影響で両ふくらはぎが筋肉痛!

なんでふくらはぎをこんなに酷使したのか?これほど痛むことは初めてである。

しかし今まで右足しか攣ることはなかったし、今回もふくらはぎが攣ったのは右足だけ(大腿部は両足攣ったけど)。

でも筋肉痛は左右同じようにでている。なぜかわからんけど、両足同じように使えていたということなんで少し安心!というかなんか納得がいく感じ。

回復を待って練習していたら、いつまでたっても走れないんで、今日は痛いけど我慢して負荷をかけてみた。今後2週間おきにレースが続くんで、のんびりしてられない(>_<)

いいのか悪いのか。。。?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本実業団熊野大会

なんとか完走しました!

予想外に登りの厳しいコースで、丸岡みたいに要領よくごまかすことのできないレースとなってしまった!  まぁ わかっていたことだけど...

今回は準備段階で失敗があった。それはギアが丸岡(平地用23T)のままだったこと。もうひとつ、サングラスがクリアーでなかったこと。

試走のとき足に負担をかけないように走りたかったんだけど、軽いギアがないんで試走でかなり足に負担をかけてしまった。そうでなくても余裕がなかったのに...

サングラスはトンネルが丸岡みたいに暗くなく、しかも登りなんで大丈夫だろうという安易な考えだった。しかし長いトンネルの中でほとんど見えなくなることがあり、落車しなかったのが不思議なくらいで怖かった~

さてスタートだが、パレードなんだけど、安東さんと一緒に最前列に並ぶ。パレード中も常に先頭で手を振りながら走る。パレードから集団内で気を使いたくなかったから。 しかしパレードといっても時速35kmは出ている。一人で走るときは35kmでもしんどいのに、それと同じ状況なのにアドレナリンが出ているのか、かってに足がまわる。実際はこのくらいでも負担になっているはず。好調時ならいざ知らず..。

そのまま先頭で正式スタートを待つ。最前列に10人くらい並ぶ。パレードを先頭で走った効果なし(- -;)

スタート後の登り、結構ペースが速い。ここは下がりしろを十分とっているんでマイペースでクリア。その後は集団内で楽にやりすごす。

ほどなくBR-3の集団が追いついてくる。BR-2のペースが余程遅いんだろう。それでもけっこうしんどかったんだけど。

問題のトンネルも奇跡的に落車をまぬがれ下りに入る。とたんに、前方で落車あり!なんとかかわして下りで休憩!

折り返し地点も5番手くらいで通過。その後もポジションをキープし10番手以内で千枚田の登りへ。ここまでは予定どうり。しっかり下がりしろをもって登る(下がるといっても30番くらいでは登るつもりでいた)。しかし全く思うように足がまわらず40人くらいに抜かれる。

千枚田頂上で1分30秒差。ここから足を回復させながら次の登りへ備えるつもりが、実際には予想以上に足を使っていたみたいで、平坦で10人くらいの集団(それも自分より後ろから来た)についていけない。

下りに入っても追いつくことはできなかった。奥の川沿いを一人で走っていると後ろから集団が来た。これにしがみつくのがやっとの状態。すでに両足は攣っている。

登りになったら置いていかれるだろうと諦めていたら、あれれ?みなさんもお疲れですか?状態で、時速10kmくらいなのに集団のまま。情けないくらい遅い!(後で岸本君に聞いたら、先頭は17、8km/hで登っていたらしい) とても実業団のレースとは思えん。

これ以上踏んだら足が攣って動けんようになるし...で、そろそろ走っていると少し回復してきた。でも暑いししんどいしーもう止めたいと何度も思ったけど、先頭集団も同じように死ぬ思いで走っているのかと思ったら、こんなところで止めるわけにいかん。

集団の前方まで上がって下りに入る。路面も乾いてきているんで下りを飛ばす!ここで頑張っとかんとギリギリでタイムオーバーになると悔しいし、頑張れるのは下りしかないし!

何人かかわして関門通過!これでゴールできる!しかし完全に両足が攣って踏めん!情けないけど民家の周りは地元の応援がいっぱい!へろへろでも応援に応えながらなんとかゴールした。

48位!BR-2では今年の広島(55位)に次ぐ悪い成績だったが今シーズンはこんなもんか?来年も走ることができたらガンバローっと(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »