« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

夏休み

月火と休みで土日をはさんで4連休の夏休み!

家族でなにをするわけでもなく、自由に時間は使える(^ ^)

といっても自転車以外することもないけど...

土日はメディオフォンドの手伝いで鏡ヶ成でキャンプだった。

今日、月曜日は自転車に乗るだけ!

で、息子の高校の練習に混ぜてもらおうと思ったけど、息子が嫌がるんでしかたなく一人で走りにいった。

せっかくだから距離を乗ろうとLSDで吉井川沿いに上ってみた。

川沿いは登りも無くLSDにはもってこい!しかし一人で平地を走っていると飽きてくる。

柵原を過ぎて勝央町へまわってみる。ゆるやかな登り。初めて走る道でわくわくする。

それから吉井川にもどり、今度は久米南へ抜ける。これもはじめての道で楽しい!

天気もいいし最高!!

久米南から峠を越えて吉井町にもどるコースは道が狭く車1台やっと通れるような山道だったがどこに出られるのかわくわくしながら走った。

それから吉井川沿いに戻ったんだけど平地になると睡魔がおそってきて参った(一人で走っていると100kmを越えたあたりで必ず眠たくなる)。

結局 150kmほど走っただけだった。Ave 26.6km/h

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メディオフォンド蒜山

P1000343 大山鏡ヶ成に集合して蒜山から関金へ下りて鏡ヶ成までのヒルクライムで50kmのコースに、70人を超す参加者が集まった!

おかげさまで過去最高の人数だった。飯南ヒルクライムやMTB-Jシリーズ、本家グランフォンド吉野などが重なったわりにはよく集まったもんだ。

内容、レベルが違うことで、うまいこと住み分けできているみたい(^ ^)

コースは蒜山側のアップダウンも多く、旧犬挟り峠の非常にテクニカルな下りがあり、最後は高低差約700mのヒルクライムで締めくくる走り応えのある周回となった。

一部、コース間違いとパンクトラブルがあったが、たいした事故も無く良かったと思う。

コースもかなり好評みたいだったが、日頃たいして走ってない人には厳しかったみたい。

これを機にもっと自転車に乗るようになってくれればしめたものである。

ちなみにヒルクライム区間は個別に計測しているので今後の参考になればと思う。

じぶんは土日で約3本登ったが、おかげで登りに関して少し調子がでてきたように感じた。

15kmも登りのうち最初の10kmは傾斜がきつくなったりゆるくなったりの繰り返しでペースがつかみにくく非常にしんどい感じがする。その後約1km下って、最後の急高配が4km続くが、高配が安定しているんでこちらのほうが走りやすかったりする。

鳥取(たぶん倉吉の)の高校生が土日とも練習で走っていたのが印象的だった。

土日で136kmしか走れなかったが、登りの練習ができたと思えばよかったかな?

(もし小川村ロードに出るんなら、1日に4回登らないといけないけど...)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

15ステージ

高校生も参加してにぎわった練習会となった。

自分はまだ追い込めるレベルではなく、前半は先行スタートさせてもらったり、少し抑えて走ることに。

6st.くらいから序々に追い込んでいった。

しかし最終st.には足がいっぱいになり最後尾をのろのろと走ることに...

しかし2~3ステージ(短いコースのみ)は着に絡むことができ、思ったより走れたかなという感じだった。

最後のくるくるスプリントまで足を攣らすことなく走りきることができた。今日のような練習はインターバルが長いんでなんとかしのぐことができるが、今必要なのは、長時間負荷をかけ続ける練習かな?

今回は途中で小雨が降ったりして落車もあったし、人数が多かったので後方のトラブルに気づかずはぐれてしまった人がいて少し残念だった。フォローが足りなかったことは反省しなければいけないな。

高校生が参加してくれて刺激になりよかったと思う。今後も同じロード競技を目指す者として交流していければいいかな。

15ステージ 120km (6時間半)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の力

今日朝練に行ったら、中里さんと小椋さんしか来なかった。

中里さんは足のしびれで思うように走れないし、小椋さんは先週の皆生トライアスロン(6位入賞だったみたい!)のリカバリーでゆっくり走りたいらしい。

ちょうどよかった。自分も練習不足で土日2日とも頑張れる自信が無い。明日はチームの練習会なんで、今日はあまり無理したくなかった。

コースは児島半島から渋川、王子が岳を廻る平坦基調の87km。

2人を引っ張る形で走るが、時々会話をいれながらゆっくりペース。

平地を流すときは32~3km/h程度。

「合わせてゆっくり走ってくれてありがとう」 「ほんと助かるわぁ~」

なんて言ってくれるが、実はわざとそのスピードで走ったわけでなく、1人走るには精一杯のスピードなんです。LSDレベルより少し頑張らないと出ないスピードだったわけ。

先日の虎の穴練でショートカットしたとき、延々と引っ張ってくれた兵庫の丸尾くんは35km/hで走り続けてくれた。自分もそのくらい走れる様になりたいと思った。

しかし今の力はこんなもんだろう。

今日本屋でファンライドを立ち読みしたけど、藤田晃三選手が言ってた「ベースがないのに無理をするのは、今まで積み上げてきたものをくずすようなもの。」という言葉に、妙に納得した。

まさに今の自分のようなもの。

でも、レースも走らないといけんし難しいところだなぁ~...

| | コメント (0) | トラックバック (3)

マッサージ

先日、早く終れた日にスポーツマッサージへ行った。

日曜日に足が攣ったんで、そのケアを兼ねて...

いつもどうり右のふくらはぎ調子が悪いことを言って診てもらう。

3人いる整体士のなかで初めての人だった。

左右のふくらはぎをもんだりさすったりした後、ポツリと一言。

「触った感じ、左は筋肉がついて張りがあるんだけど、右は筋肉がやせているというか細い感じがしますね。」

そういえば、利き足は左だし筋力も強いのかもしれんな。

「たいした筋トレでなくても、その部分を意識するだけでかなり効果がありますよ。」

なんて言ってくれた。痛みがとれたらやってみよう。

また、筋肉をほぐすのにその筋の両端(腱になる手前の部分)をしっかりほぐしてやると中央部分もほぐれてくるらしい。

実際アキレス腱の上の部分をほぐしてくれたが、ふくらはぎの感じはよくなった。

自分では気づかないだけで、かなりこわばっていたみたい。軽くもまれただけでも痛かったしー。

今まで痛いところだけ自分でほぐしていたが、気にならない部分で張りのあるところがあっちこっちあるみたい。

今後実践してみよう♪

今日は雨が降らないとふんで自転車通勤したが、しっかり帰りに雨に遭った。今週2回目!ついてない(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

歯医者

先日ヨメさんが歯医者に行って、ヒーヒー言わされたらしい。

「あんたは歯が悪うねんかな?ええなぁ」

なんて話をした次の日、おにぎり(もち米のおこわだった)食べたら奥歯に詰めていた銀がとれてしもうた!

しかたなく2年ぶりに歯医者に行った。

その行きつけの歯医者は、ウインドサーフィン時代の仲間である。

開業前だったころ(父親の歯科で働いていた)、風が吹くと昼休みに衛生士(女性)に車を運転させてゲレンデ(吉井川)までやってきて、1時間ほどWSFを楽しんだあと、ウエットスーツのまま衛生士の運転で職場にもどっていた。

なんともわがままというか羨ましいというか、しかしほほえましくも思えるWSF大好き人間だった。

そんな歯医者が一人くらいいてもいいかな?(でも双子の兄貴も歯医者でWSFrだった!昼休みまで乗ってなかったけど...)

さすがに開業後はWSF自体控えるようになったけどね。

最近は自分もWSFしないんで、治療に行ってもそんな話はしなくなったが、気心のしれたいい歯医者さんである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また攣ったぁ~

台風一過でいい天気!

練習に行こうと目覚ましかけていたが寝坊~

飯も食わずにあわてて西大寺に行くが、いたのは山本プロ一人...

しかたなく、カヤマレーシングの練習に合流すべく、2人で空港方面へ。

集合が遅れたらしく少し待ってから一緒に大原橋を出発。

2人だったらチンタラ走ってしまうところを、いいペースで先頭交代で走ることができた。

しかし登りになるとすぐ足がいっぱいになり、ついていけない。

走りながら、この調子だと8月の丸岡ロードも集団についていく自信が無い。というか、いっそのこと出場しないほうがいいんじゃないか?と考えてしまう。

次の登りはなんとかついていけたが、レースでは最初に切れたら二度と追いつくことはないだろう。ヤバイ~

帰りの平地ではとうとう足が攣ってきた。

内腿とハムストリングを痛めているんで、負担がかからないようにできるだけ踏み込みペダリングで走っていたが、こんどは四頭筋のほうが攣りだす始末。

どうしてもまともに走らせてもらえない、いじましいこの足!(自分の練習不足が悪い)

本日は 125km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく降るな〜

今年は雨が多くて梅雨らしいといえば梅雨らしいんだけど…
自転車に乗る機会も減ってくるが、ちょうど今年は仕事が大変なんで、どっちにしても乗れんのなら、雨が降ったほうが諦めもつきやすいもんね〜。
それに輪をかけて台風まで近付いて来てしー(>_<)
WSFしてた頃は ワクワクしてたけどね〜(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後遺症

日曜日に攣った足の痛みが治らない。

昨日時間があったんで、スポーツマッサージにいってケアしてもらったが、部分的に筋肉痛がとれず、まいっている。

とうぶん練習できそうにない。(時間も無いが...)

無理して悪くなっても困るけど、丸岡までにはいくらかでも負荷をかけられるようにしたい。

今できることは、上半身と腹筋を鍛えることくらいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑かけましたぁ

今日は兵庫県の虎の穴練に参加した。

龍野MTB協会の選手を中心に大阪、神戸からの参加もあり総勢15人と盛況であった。

コースは6つの峠を越える180kmのハードコース!

ゆっくり走って峠だけ頑張ればええか?と楽観視していたが   甘かった~

アプローチから高速ローテになり、走り始めてすぐに足がいっぱい状態となる。

徐々に登っているにもかかわらずスピードは落ちない。

最初の登り口までに、すでに切れてしまう始末。

登りでも最後尾あたりを走り頂上で待ってもらう。

次の登りまでのつなぎでもペースは速く、いっぱいいっぱいでついていく。

2本目はなんとかついて行くが、3本目でも遅れて、頂上付近で足が攣ってしまった。それも今までに経験したことの無いくらい激しい痛みを伴い、足がちぎれるか!と思うくらいで数分間動けんかった。

その後なんとか走って待っているみんなに合流したところで、今度は反対の足が...

またまた足がちぎれるぅ!というくらいなもので、とてもすぐに動ける状態ではない。

なかにし君に地図をもらい、一人で帰るわ~といったが、途中までなかにし君とうっし~♪が引いてくれる。しかし下りにもかかわらずすぐに足が攣ってくる。

下りきったところでショートカットコースをきいて、一人で帰ることに。

4つ目の峠は越えないといけないが、そこから南下して残り2つをカットできる。

日が暮れるまでには帰れるか?と考えながらゆっくり走る。負荷をかけないと走ることができ、なんとか峠を越えて下ると、なんとみんなが補給のために止まっていた。

そこから一緒にショートカットする人がいて一緒に帰る事になるんだけどー

その人(若い頃登録して走っていたらしい、まだ若いけど..)細いのに平地がメチャメチャ速い!ついて行くだけでも足が攣りそうで何回か待ってもらった。

延々と35km/hくらいで引いてくれるもんで、泣きそうになりながらついていった。

おかげで早く帰ることができたが、こんな強い人でも遠慮する高野峠はいったいどんな峠だったんだろう?また登録して無くても強い人はいっぱいいるな~と実感した。

恥ずかしくて実業団登録選手だなんて言えないな。

みんなに迷惑かけた上に、本日唯一のパンクも自分でした。申し訳ない~

これだけ足が攣るというんは、水分とかカリウムなどと言う前に、圧倒的な練習不足(負荷をかけた)だと感じた。こういう練習会に参加して自分の実力を目のあたりにして、客観的に評価できるのはいいことだと思う。

次は噂の高野峠を上れるようにガンバロー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり

昨日調子こいて金山2本登ったおかげで、今日は体がだるい。

朝練に行こうと思ってたのに起きれんかったし!

幸い廃品回収があったんで準備とかできたけど...

昼から一人で走りに出たけど、のんびり平地を流しただけで終わった。

明日の虎の穴練は大丈夫かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーナス

今日はボーナス支給日♪

何がうれしいって、残業ができない日!  ..だから

ボーナス手交といっても、紙切れ一枚もらうだけ。なんのありがたみもない。自由に使えるわけでもないし(ーー;)

今週は昨日かろうじて通勤で20km走れただけ。

なもんで、今日雨が降らなんだらまとまって走れるんで楽しみにしていたわけ(^^)

 そのかわり仕事はたまって、来週また大変な目にあうんだけど...

おかげさまで天気は曇り、暑くもなかったんで金山に行ってみた。

高校生に会うかな(岡工や東岡工が時々走っている)と思ったが、そういえばテスト期間中だったっけ?

ゆっくり往復した。ゆっくりでも25Tではけっこうきつい。

でもいい刺激になった。毎週一回くらい走れればいいんだけどねー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

量と質

量より質だ!とよく聞くけれど、自分もそう思っていた。

だらだら練習するより、短時間でも集中して行うほうがいいような気がしていた(実践できていなかったが...)

ところが、ふと目に入った記事に 「量は質に転換する」と書かれてあった。

よく読んでみると、「訓練においては、まずは量だ。なんだかんだ理屈を言ったって、量の多いヤツにはかなわない。」とある。

そして 「量は、あるとき必ず質に転換する。すると普通に人は量をこなさなくなる。」とある。

最後に 「量が質に転換しても、まだ量をこなし続けるものを天才と呼ぶ。」でしめてあった。

いささかこじつけのような気もするが、興味ある内容だ。

確かに自転車でも、ある程度の距離は走っておかないと、いくら負荷をかけた練習をしても、レースで力を発揮できない経験もある。

今日で3日間自転車に乗っていない。こんなことは初めてだが、こういうときにこの記事を読んでチョッとドキッとした。

なんとか時間をつくらんとダメかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

補給食

今週も忙しく、自転車には乗ってないんで全然自転車な生活ではない。

補給食といっても、仕事の残業前の食料のことだけど...

胃腸は弱いくせに、いっちょ前に腹はよく減る。

最近残業が長いんで、いつもライトミール(イオングループのバランス栄養食。最近ココナッツ味がお気に入り)を食べるんだけど、他の人は何も食べずに仕事している。

なかには昼飯も食べない人もいるみたいで自分としては信じられん。

でも、食べ物より水分をしっかり補給するほうが大切みたいだな~

こんどは、ボトルでも持っていくかぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃腸

胃腸が弱いのか、ご飯がたくさん食べれない(>_<)

体質もあるだろうけど消費カロリーに対して摂取カロリーが圧倒的に足りないと言われたことがある。

わかってるんだけど、一度にたくさん食べれんもんはしょーがない。(同じ年齢の一般人よりはかなり食べているはずだけど...)

それに輪をかけたように、最近疲れてお腹の調子も悪い。

昨日の練習でも100km走るうちに何も食べれんかった。しんどかったのもあるけど補給食を全く食べれない。

これじゃぁ練習しても回復も悪く効果も少ないような気がする。

胃腸が丈夫なことも立派な素質だと思う。  うらやましぃ~  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スポーツマスターズ

先日大分で全日本選手権があり’07の日本チャンプ誕生したが、西大寺にも日本チャンピオンがいる。

昨年(9月)マスターズ60才以上の部で優勝したアンクル山本さんだ。

この山本さん、ヒルクライムにも熱中していて、今年は乗鞍、美ヶ原と2連勝している。

優勝したとき、「山本さんが優勝しないと僕らの立場がないですよ~」というくらい練習でも強く、自分たちと同等に走る。

今日も美ヶ原の勢いよろしく、赤穂へ向かう峠で山本さんが加速するとついて行けんかった(X_X)。  

その山本さんが出場したマスターズ大会。今年は滋賀県で開催される。

山本さんはもちろん出場するが、今年は自分も出場しようと思っている。

今年もロードレースだし、滋賀県と近い場所だし。

今日玉野で大塚さんに会ったんで、おもわずその場で申し込んでしまった。

実業団舞洲大会と同じ日なんだけど...

出るからには頑張ってみたい!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »